iTrust日本株式

愛称:日本選抜~シェアNO.1企業厳選~

追加型投信/国内/株式




グローバルな視点から日本企業を厳選


日本企業の中には、国内外でNo.1シェアを有する、

高い競争力を持った企業が多数あります。

ピクテは日本株式を東京とロンドンの両拠点で運用することで、

国内での調査に加え、

グローバルな視点から日本企業を厳選しています。

日本企業の中には、国内外でNo.1シェアを有する、高い競争力を持った企業が多数あります。

ピクテは日本株式を東京とロンドンの両拠点で運用することで、国内での調査に加え、グローバルな視点から日本企業を厳選しています。



ファンドの特色


1.

主にわが国のナンバーワン企業の株式に投資します


2.

ご購入時、ご換金時の手数料はかかりません


※マザーファンドに投資するファミリーファンド方式で運用を行います。
※マザーファンドの運用にあたっては、ピクテ・アセット・マネジメント・リミテッド、ピクテ・アセット・マネジメント・エス・エイより投資助言を受けます。
※資金動向、市況動向などによっては、上記のような運用ができない場合があります。

ナンバーワン企業とは


優れたブランド力、技術力、商品・サービス開発力、マーケティング力を有し、業界トップシェアを誇る企業、または今後それが期待される企業を指します。

ナンバーワン企業の魅力は、特定の分野で他社を圧倒する参入障壁を築くことができ、価格支配力において高い競争優位性を有する点です。また、大企業の場合、規模の利益を活かせるため、コスト効率を改善し、相対的に高い競争力を構築することが可能です。


ナンバーワン企業


高い競争優位性を活かした持続的な成長が期待されます。




当ファンドが投資対象とするナンバーワン企業例



警備サービス業で国内NO.1

セコム

主力の機械警備事業は国内に加え海外市場開拓にも注力。
防災、メディカル、保険等の事業も展開。


コンビニ事業で国内NO.1

セブン&アイ・ホールディングス

傘下にセブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、ヨークベニマル、セブン銀行など。M&Aで規模拡大の北米コンビニ事業に期待。


総合不動産で国内NO.1

三井不動産

オフィスビル賃貸を主体にららぽーとや三井アウトレットパークなどの商業施設運営、マンション分譲・賃貸など幅広く事業を展開。


半導体用シリコンウエハーで世界NO.1

信越化学工業

半導体用シリコンウエハー、塩化ビニル樹脂で世界NO.1 。競争力を背景に収益性に優れる化学メーカー。


ガス給湯・厨房機器で国内NO.1

リンナイ

高付加価値化で国内の更新需要を取り込む一方、需要拡大顕著な海外市場へ注力。


自動車メーカーで世界NO.1

トヨタ自動車

先行するハイブリッド車に加え、バッテリーE V(電気自動車)、燃料電池車と全方位戦略で攻勢。


家具の製造・販売で国内NO.1

ニトリホールディングス

商品企画から生産まで一貫して手がける製造小売モデルを強みに競争優位。子会社にホームセンターの島忠。


クロマトグラフ・質量分析計で国内NO.1

島津製作所

主力のクロマトグラフおよび質量分析計が、製薬業界の創薬向け、食品の安全管理、先端材料開発、環境分析など幅広い分野で拡大し成長をけん引。


※上記銘柄の「NO.1」とは、その分野でのトップシェア(売上高等)を意味します。 ※上記銘柄は、ファンドの投資対象候補銘柄(2023年7月末現在)の一例を紹介するものです。また、特定の銘柄の勧誘・推奨を目的としたものではなく、その価格動向を示唆するものでもありません。実際の投資対象は、これら銘柄例に限るものではなく、また投資しない場合があります。
出所:各企業の資料等を基にピクテ・ジャパン作成


トップシェアから生まれる競争優位性


トップシェアの獲得は競争優位性を高める好循環につながります。キャッシュフローの創出、安定した財務基盤を背景に、技術開発や投資活動を行うことから、継続的な成長が期待できます。



※上記はイメージであり実際とは異なる場合があります。

成長が期待される企業を厳選


iTrust日本株式はアクティブ・ファンドです。ピクテの日本株式運用チームが投資対象企業を選定し、ナンバーワン企業に厳選投資します。


一般的なインデックス・ファンドとiTrust日本株式の投資イメージ


※上記はイメージであり実際とは異なる場合があります。

運用体制


世界中にいる競合企業との比較を正しく行うため、日本株式への投資ではグローバルな視点から銘柄選択を行うことの重要性が増しています。当ファンドの運用では、東京とロンドンで共同で運用を行い、国内外の視点に基づき投資銘柄を選定しています。


東京


鈴木 毅


シニア・インベストメント・マネジャー

ロンドン


エイドリアン・ヒッキー


チーム・ヘッド
※上記の運用体制は2023年7月末現在のものです。今後変更される場合があります。

運用プロセス


※上記の運用プロセスは2023年7月末現在のものです。市場環境等により今後変更される場合があります。


関連レポート


【動画】iTrust日本株式|2023年12月の日本株式市場の振り返りとファンドの運用状況<糸島 孝俊 × 鈴木 毅>

【動画】iTrust日本株式|2023年12月の日本株式市場の振り返りとファンドの運用状況<糸島 孝俊 × 鈴木 毅>

iTrust日本株式|日本株式運用の新しい夜明け



iTrustシリーズのラインアップ




オンライン専用のアクティブ・ファンド・シリーズ



つみたてNISA対象商品に
2ファンド追加
 

つみたてNISA対象商品に2ファンド追加




お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

iTrust日本株式


●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。