iTrustロボ

追加型投信/内外/株式



ファンドの特色

1. 主に日本を含む世界のロボティクス関連企業の株式に投資します

2.ご購入時、ご換金時の手数料はかかりません


※ファミリーファンド方式で運用を行います。
※実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
※資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。

モーニングスターアワード ファンドオブザイヤー2017
優秀ファンド賞 受賞
国際株式型(グローバル・含む日本) 部門

Morningstar Award “Fund of the Year 2017”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスターが信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2017年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。国際株式(グローバル)型 部門は、2017年12月末において当該部門に属するファンド493本の中から選考されました。


様々な分野で活躍するロボティクス関連企業


ロボティクス関連企業とは、製造、輸送、医療・サービス等の各分野において、人の代替や効率化に貢献するロボット関連技術、部品、人工知能(AI)等に携わる企業を指します。



※上記は投資対象分野の例を示したもので写真はイメージです。実際の投資にあたっては、上記の分野すべてに投資するわけではなく、またこれら以外の分野に投資することもあります。

成長余地の大きい新興国ですが、その中には、労働人口が減少に転じる国も出てきています。
一方、引き続き労働人口の増加が見込まれる国も依然として存在しており、新興国の中でも違いが出てきています。


ご購入時、ご換金時の手数料はかかりません


iTrustシリーズはインターネット専用ファンドであり、購入時手数料が無料(ノーロード)です。


運用プロセス


iTrustロボの運用プロセスでは、事業全体に占めるロボティクス関連事業比率(ピュリティ)を重視したスクリーニングで、ロボティクス関連市場の長期的な成長を享受するポートフォリオの構築を目指して銘柄選定を行っています。


※マザーファンドにおける投資プロセス。
※上記は2019年9月末現在の運用プロセスです。市場環境等により今後変更される場合があります。

ピクテが重視している「ピュリティ」とは

「ピュリティ(purity)」とは、混じりけのなさ、純粋さ(pure)の度合いを表す言葉です。ピクテでは、銘柄の事業全体に占める投資テーマの関連事業比率をあらわす言葉として使っています。



例えば、ロボティクス関連企業が投資対象であるiTrustロボの場合、原則としてロボティクス関連事業比率が20%以上でなければ投資対象とはなりません。

関連事業の定義が曖昧になると、幅広く事業を展開する大企業などが混ざってくる可能性が高まり、ファンドのコンセプトに沿った銘柄が選択されない可能性があります。

そのため、ピクテではよりロボティクス関連の業績に基づいたパフォーマンスを享受するためにピュリティを重視した運用を行っているのです。


運用体制


経験豊かな専任チームが、ピクテ・グループの豊富な情報を活用し、個別企業の分析を重視したボトムアップ・アプローチで運用を行っています。



運用チーム

ピーター・リンゲン
シニア・インベストメント・マネジャー、共同運用責任者

ジョン・グラドウィン
シニア・インベストメント・マネジャー、共同運用責任者

フランシスコ・ピギーニ
インベストメント・マネジャー

アンジュリ・バスティアンピライ
シニア・プロダクト・スペシャリスト


  • アドバイザリー・ボード
  • ピクテ・ストラテジー・ユニット
  • リスク・マネジメント
  • 株式調査チーム
  • 新興国株式運用チーム
  • 先進国株式運用チーム
  • 小型株式運用チーム
※運用体制は2019年12月現在のものです。今後変更される場合があります。


iTrustシリーズ




お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

iTrustロボ


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。