Article Title
「労働人口増加国」に注目した、ユニークな新興国株式ファンド
2021/09/22

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

当ファンドは、経済成長の担い手となる労働人口が増加している新興国(労働人口増加国)を選別し、そうした国々の経済成長の恩恵を受けると考えられる企業の株式に投資を行う、ユニークな新興国株式ファンドです。足元の運用状況と今後のポイントについてご紹介します。



Article Body Text

当ファンドの基準価額は、2020年3月後半を底に回復基調

当ファンドの基準価額は昨年(2020年)の3月後半を底に、足元(2021年9月9日)まで回復基調を辿っています。

新興国の中でも「労働人口増加国」を選別し、中長期的な成長を捉える当ファンド

新興国は、中長期的に先進国を上回る経済成長が期待されます。一般に、経済成長の原動力の要素となるものとしては、人口、資金、イノベーションなどが考えられますが、当ファンドでは、この中の「人口」、特に経済成長の担い手となる労働人口(15~64歳)が増加している新興国(労働人口増加国)に注目しています。これらの国は中長期的に潜在的な経済成長力が高いと考えられます。当ファンドでは、新興国の「労働人口増加国」を選別し、そうした国々の経済成長の恩恵を受けると考えられる企業の株式に投資を行います。

2021年8月末時点の当ファンドの国別組入比率では、インド、ブラジル、南アフリカ、ベトナム、メキシコなどが組入上位国となっています。一方、代表的な新興国株価指数の国別構成比をみると、中国、台湾、韓国などが指数全体の6割強を占めていますが、これらの国々は労働人口が減少しているために投資対象から除外されています。こうした投資対象の違いは、パフォーマンスの動きの違いにもつながっています。

当ファンドの設定日(2017年4月28日)以降、昨年(2020年)末までの新興国株式市場をみると、ロシア、台湾、韓国、中国など、当ファンドの投資除外国の株式市場が大きく上昇したことなどから、当ファンドのパフォーマンスは、代表的な新興国株価指数に対して劣後していましたが、今年(2021年)に入って復調の兆しがみられます。2021年年初来、足元(9月9日)までで、当ファンドは+16%の上昇となりました(同期間における新興国株式市場の平均は+12%(MSCI新興国株価指数(配当込み、円換算)、当ファンドの基準価額の算出に合わせて1営業日前ベース)。

また、2019年12月より代表的な新興国株価指数に含まれていないベトナム株式への投資を開始し、2021年以降、投資比率を拡大させています。ベトナムは、若い労働人口が多く存在しています。こうした人々の所得の増加は国内経済の成長に大きく貢献するものと予想しています。さらに、米中貿易摩擦の影響などを背景に、中国から生産拠点を移す動きが高まる中で受け皿の1つとして輸出拡大も期待され、この点も経済成長の後押しとなる可能性が高いとみられます。

短期的には、景気回復が後押しに。ただし、米金融政策動向などには注視

当ファンドが注目する新興国の労働人口増加国は、コロナ・ショック下では大幅な経済の落ち込みを経験した国も少なくありませんでした。新型コロナウイルスの感染状況については、今後も変異株などによる感染拡大リスクが依然として残るものの、ワクチン接種の拡大などもあり、世界的に経済活動は正常化に向かっており、新興国の労働人口増加国の経済でも景気回復が期待されています。こうした景気回復は株式市場にも追い風となると期待されます。

米国では景気回復などを背景に量的金融緩和縮小の議論が始まっています。2013年に米連邦準備制度理事会(FRB)が量的金融緩和の縮小を示唆した際には、世界の金融市場は大きく動揺し、特にリスクが高い新興国市場から投資家が資金を引き揚げる動きが強まりました。今後、近い将来に米国をはじめ世界的に金融政策の正常化が進む中で、2013年の時と同様に、新興国市場から資金が流出する可能性があります。特に、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)が脆弱な国の金融市場はマイナスの影響を相対的に大きく受ける懸念があり、短期的には留意すべきリスクであると考えます。ただし、主な新興国の労働人口増加国の経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)は、2013年当時と比べて改善しており、ショックに対する耐性は強まっているとみることもできるでしょう。



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

iTrust新興国株式