「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」が、純資産総額1,000億円超に | ピクテ投信投資顧問株式会社

「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」が、純資産総額1,000億円超に

コロナショック後も資産は増加傾向、プライベートバンクで培った運用ノウハウを日本の投資家の皆さまへ

 ピクテ投信投資顧問株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 萩野 琢英)(以下、幣社)が運用する「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」(以下「当ファンド」または「クアトロ」)は、2020年9月4日、純資産総額1,000億円を超えました。

 クアトロは、ピクテが運用するファンドも含め世界中の株式や公社債など様々な資産に投資します。投資対象ファンドは50を超え、すべて運用実績を有します。その中から、市場環境に応じて配分や投資資産を変更します。また、オルタナティブ戦略も積極的に活用し、長期的により安定したリターンの獲得を目指すファンドです。

ピクテの運用哲学を体現するクアトロ、コロナショック後も資産は増加し1,000億円超へ


 分散投資はピクテが長年培ってきた資産保全の大原則です。しかし単純に分散すればよいわけではなく、各資産の相関とリスクを分析し、徹底的にリスクを分散させます。資産保全を目的とする世界の富裕層から支持を得てきた高度な運用戦略を日本の投資家の皆さまに向けて体現したのがクアトロです。

 2013年12月12日の設定来、クアトロは日本において着実に純資産を拡大してきました。現在、販売会社数は46社(銀行25行、証券会社21社)にのぼります。世界的な低金利の長期化が見込まれる中、コロナショック後もクアトロの資産は増加傾向にあります。

過去3回の波乱相場を乗り越えてきたクアトロ


 株式などリスクがある資産に投資をするクアトロは、相場の下落局面ではどうしても影響を受けます。しかし、過去3回の波乱相場において、粘り強さを発揮してきました。

 2013年12月12日の設定来、クアトロは日本において着実に純資産を拡大してきました。現在、販売会社数は46社(銀行25行、証券会社21社)にのぼります。世界的な低金利の長期化が見込まれる中、コロナショック後もクアトロの資産は増加傾向にあります。



 1. 英国のEU離脱:2016年

1つめは2016年6月、英国のEU離脱、いわゆる “ブレグジット”です。株式市場が大きく下落する中、クアトロは影響を受けませんでした。実はこの時、「EU離脱」の投票結果となる可能性もあり得ると判断したピクテは事前にリスクを引き下げていたために、難を逃れることができました。



 2. 米中貿易戦争や米国利上げ懸念の局面:2018年

2つめは、2018年の米中貿易戦争や米国の利上げ懸念の局面です。この時もクアトロの下落率は限定的でした。米国景気の減速を予想し、いち早く債券に強気スタンスを取ったことで、損失の拡大を食い止めることができました。



 3. コロナショック:2020年

今回の新型コロナウイルスの影響で、短期間のうちに相場が急落し、クアトロもマイナス9.2%と一時的に大きく下落しました。この時、クアトロの運用チームは慌てて方針を変更するのではなく、まずは嵐が過ぎるのを待つ決断をしました。その後の反発局面に乗り遅れることなく、クアトロの8月末時点の基準価額は年初来プラス3.8%にまで回復しています。このようにして、クアトロはコロナ禍のショックを切り抜けてきました。

「資産保全」のために培った運用ノウハウを日本の投資家へ


 ピクテは世界の投資家からの信頼を獲得することで、独立系運用会社として200年以上資産管理・運用業務を行ってきました。信頼を高めて、投資家の皆さまに投資信託の魅力を理解していただくには、適切なリスクに見合った、適切なリターンを享受していただくことが必要です。

 現在のように、世界的に金利が大きく低下している投資環境下で投資家の皆さまの期待に応えるには、我々運用会社が提供する運用手法とそのアドバイス能力を相応に高度化することが不可欠です。

 弊社は、ピクテ・グループが215年の歴史の中で培った運用ノウハウおよび独自のグローバル・ネットワークを生かし、中長期的な資産形成に適したファンドを通じて、国際分散投資の機会を日本の投資家の皆さまにご提供して参ります。


以上

※ お申込みにあたっては、投資リスク、手続・手数料、その他留意点等、交付目論見書等を必ずご確認の上ご自身でご判断ください。


「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド 愛称:クアトロ」
投資信託説明書(交付目論見書)
ファンドの詳細

【各種リンク】
ピクテ投信投資顧問ウェブサイト
YouTubeチャンネル公式サイト
Twitter公式アカウント
Facebook公式

●当リリースおよび当リリース内リンク先のウェブサイトはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社にお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等を取得していただき、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります。)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当リリースに記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当リリースは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当リリース中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


関連お知らせ

一覧へ

ページの先頭へ戻る