Article Title
バイオ|米バイオ医薬品企業プロメテウス・バイオサイエンシズを米医薬品大手メルクが108億米ドルで買収
2023/04/19

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

●2023年4月16日に米医薬品大手メルクが、米バイオ医薬品企業プロメテウス・バイオサイエンシズを総額約108億米ドルで買収することを発表
●潰瘍性大腸炎のモノクローナル抗体治療薬を開発中のプロメテウス・バイオサイエンシズを買収することで、メルクはパイプライン(新薬候補)の多様化を進める
●引き続き大手医薬品企業によるバイオ医薬品企業をターゲットとしたM&A(合併・買収)の動きに注目



Article Body Text

米医薬品大手メルクが、パイプラインの多様化のため、米バイオ医薬品企業プロメテウス・バイオサイエンシズを総額約108億米ドルで買収することを発表

2023年4月16日に米大手医薬品企業メルクが、米バイオ医薬品企業プロメテウス・バイオサイエンシズを1株当たり200米ドル(14日終値を約75%上回る水準)、総額約108億米ドル(約1.4兆円注1)で買収することを発表しました。注1:1米ドル=133円で円換算、100億円台を四捨五入 

今回の買収は3月のファイザーによるシージェンの買収(総額約430億米ドル)に続く、大型のM&A案件となりました。

プロメテウス・バイオサイエンシズは、免疫疾患の治療に焦点を当てたバイオテクノロジー企業で、現在、炎症性腸疾患の一種である潰瘍性大腸炎のモノクローナル抗体治療薬を開発中で、2022年12月に良好な治験結果を発表し、注目が高まっていました。

一方、メルクは、2028年にも主力のがん治療薬キイトルーダ(2022年の売上高:200億米ドル超)の独占権を特許切れにより喪失する可能性があり、パイプラインの多様化を進めるため、積極的にM&Aの案件を探していました。

なお、当ファンドでは2023年3月末時点でプロメテウス・バイオサイエンシズを0.26%保有しています注2注2:当ファンドの主要投資対象であるピクテ・バイオ医薬品マザーファンドの状況

引き続き大手医薬品企業によるバイオ医薬品企業をターゲットとしたM&Aの動きに注目

2023年は、株式市場がハイテク銘柄や景気敏感銘柄を中心に上昇する中、バイオ医薬品株式は市場全体を下回るパフォーマンスとなっています。また中小企業の資金調達に影響を与えているシリコンバレー銀行の破綻などを受けて一般投資家のリスクオフ志向が高まったこともバイオ医薬品株式にとってマイナスの影響となりました。

一方で、2023年は多くの注目の新薬の治験結果や承認結果の発表を控えており、良好な結果の発表が多くなればバイオ医薬品株式にとってプラスに働くものと考えます。

さらにM&Aについては、今回、プロメテウス・バイオサイエンシズを買収したメルクのように、主力医薬品の特許切れ問題の解決や成長の継続のため、有力な技術や医薬品、パイプラインを持つバイオ医薬品企業をターゲットとしたM&Aを模索している大手医薬品企業が多く存在しています。今後、M&Aの動きが加速した場合には、バイオ医薬品株式への注目が高まるものとみています。



●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。また、医薬品についてもあくまで参考として紹介したものであり、その医薬品を推奨するものではありません。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・バイオ医薬品ファンド(毎月決算型)為替ヘッジなしコース

ピクテ・バイオ医薬品ファンド(1年決算型)為替ヘッジなしコース

ピクテ・バイオ医薬品ファンド(1年決算型)円コース



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2024/02/06
タイトル バイオ|2023年10-12月のピクテ・バイオ医薬品マザーファ ンドの振り返りと今後のポイント タグ
日付
2023/12/27
タイトル バイオ|主要なバイオ医薬品企業の状況 タグ
日付
2023/12/22
タイトル バイオ|2023年のバイオ医薬品企業をターゲットとしたM&Aの総額は1,200億米ドルに迫る タグ
日付
2023/11/28
タイトル バイオ|バイオ医薬品企業の注目の治療薬候補(パイプライン)の2023年の開発と承認の動向 タグ
日付
2023/10/27
タイトル バイオ|2023年7-9月のピクテ・バイオ医薬品マザーファンドの振り返りと今後のポイント タグ
日付
2023/10/12
タイトル バイオ|AIが加速する医薬品開発と主なバイオ医薬品企業のAI活用 タグ
日付
2023/09/22
タイトル バイオ|AIの活用が加速させる新薬開発~迅速なタンパク質の構造解明がもたらす効果 タグ
日付
2023/08/23
タイトル バイオ|バイオ医薬品企業をターゲットとしたM&Aの総額は2021年、2022年を超える タグ
日付
2023/08/02
タイトル バイオ|2023年4-6月のピクテ・バイオ医薬品マザーファンドの振り返りと今後のポイント タグ
日付
2023/07/05
タイトル 最新科学がもたらすガン治療の進歩 タグ
日付
2023/05/29
タイトル バイオ|景気の先行き懸念が高まる中、バイオ医薬品株式が注目される可能性 タグ
日付
2023/05/01
タイトル バイオ|2023年1-3月のピクテ・バイオ医薬品マザーファンドの振り返りと今後のポイント タグ
日付
2023/03/16
タイトル バイオ|米バイオ医薬品企業シージェンを米医薬品大手ファイザーが430億米ドルで買収 タグ
日付
2023/03/02
タイトル バイオ|肥満の解消に取り組む医薬品企業 タグ
日付
2023/02/03
タイトル バイオ|2022年10-12月に相対的に好調なパフォーマンスとなったピクテ・バイオ医薬品マザーファンド タグ
日付
2023/01/18
タイトル バイオ|パフォーマンスの改善が続くバイオ医薬品株式の注目ポイント タグ
日付
2022/09/30
タイトル バイオ|バイオジェンがアルツハイマー病治療薬レカネマブ の良好な治験結果を発表、株価は大きく上昇 タグ
もっと見る