Article Title
バイオ|主要なバイオ医薬品企業の状況
2023/12/27

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

●当ファンドはバイオ医薬品企業に投資
●本レポートでは、組入上位を占める主要なバイオ医薬品企業の状況について紹介



Article Body Text

当ファンドはバイオ医薬品企業に投資しています。本レポートでは、2023年11月末時点で組入上位を占める主要なバイオ医薬品企業の状況について紹介します。

※ファンドの主要投資対象であるピクテ・バイオ医薬品マザーファンドの状況です。 

 

■アムジェン(米国、組入比率 8.4%(組入1位)):肥満治療薬やがん治療薬のパイプライン(新薬候補)が注目、関節リウマチ、骨粗しょう症などの治療薬が主力

アムジェンは、現在、肥満治療薬の開発で注目を集めています。肥満は、高血圧や脂質異常、糖尿病、心臓病など多くの病気と関連があるといわれており、肥満の解消は重要な社会的課題となっています。現在、肥満治療薬の分野ではノボ・ノルディスク(デンマーク)、イーライリリー(米国)が先行していますが、現在、フェーズ2にあるアムジェンのパイプラインも期待されています。

また12月には小細胞肺がん治療薬候補が米食品医薬品局(FDA)から優先審査扱いで承認申請が受理されるなどがん治療薬の開発も進展しています。

 

■バーテックス・ファーマシューティカルズ(米国、組入比率 8.0%(組入2位)):嚢胞性線維症治療薬のパイオニア、鎮痛剤のパイプラインへの期待が高まる

嚢胞性線維症治療薬のパイオニアであるバーテックス・ファーマシューティカルズですが、現在、最も注目されているのが急性疼痛の鎮痛剤候補VX-548です。米国では1990年代後半から鎮痛剤オピオイドへの依存症(オピオイド問題)が大きな社会問題となっていますが、非オピオイドの鎮痛剤であるVX-548はオピオイド問題解決の一助となる可能性があり、社会的にも注目されているパイプラインです。

また、同社がCRISPRセラピューティクス(米国)と開発を進めていた鎌状赤血球症遺伝子治療キャスゲビィは、英国で世界で初めて承認されたゲノム編集治療となり、その後、米国でも承認を受けました。

 

■ギリアド・サイエンシズ(米国、組入比率 8.0%(組入3位)):HIVやC型肝炎などの感染症治療薬に強み

ギリアド・サイエンシズは、HIVの治療薬に強みを持っています。2022年度は同社の全売上高の60%以上が「ビクタルビ」などのHIV治療薬からもたらされており、現在も同分野でのパイプライン開発に積極的に取り組んでいます。また、がん領域ではCAR-T細胞療法の「イエスカルタ」、「テカルタス」のほか、がん治療薬「トロデルビー」の適応拡大などで売上の拡大が見込まれています。コロナ禍で世界に貢献した新型コロナ治療薬「ベクルリー」が、新型コロナの沈静化により2023年度は売上が減少し、全社的な減収の要因となっていますが、競争力の高いHIV治療薬によるキャッシュフローが同社の強みとなっています。

 

■リジェネロン・ファーマシューティカルズ(米国、組入比率 8.0%(組入4位)):加齢黄斑変性症治療薬で業界のリーダー、がん領域などで有望なパイプラインを有する

主力の加齢黄斑変性治療薬「アイリーア」は、2023年8月に米食品医薬品局(FDA)から承認を受けた(従来の「アイリーア」よりも投与頻度が少なくて済む)高用量「アイリーアHD」が、市場投入以降、順調に売り上げを伸ばしています。

また同社のもう一つの主力治療薬であるアトピー性皮膚炎や喘息などの治療薬「デュピクセント」は、11月末に慢性閉塞性肺疾患(COPD)のフェーズ3治験で良好な結果が得られたことを発表しており、FDAに承認申請することが見込まれています。

 

■バイオジェン(米国、組入比率 5.1%(組入5位)):多発性硬化症治療薬は市場をリード、アルツハイマー病治療薬の開発でも注目を集める

今年、注目を集めた新薬のひとつがバイオジェン(エーザイと開発)のアルツハイマー病治療薬「レケンビ」です。同治療薬は、アミロイドβを標的とすることで、アルツハイマー病の進行を抑制し、認知機能と日常生活機能の低下を遅らせることが確認されています。また現在、同社はアミロイドβとは別にタウを標的としたアルツハイマー治療薬候補の開発も進めており、今後の動向が注目されます。

 



●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。また、医薬品についてもあくまで参考として紹介したものであり、その医薬品を推奨するものではありません。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・バイオ医薬品ファンド(毎月決算型)為替ヘッジなしコース

ピクテ・バイオ医薬品ファンド(1年決算型)為替ヘッジなしコース

ピクテ・バイオ医薬品ファンド(1年決算型)円コース



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2024/02/06
タイトル バイオ|2023年10-12月のピクテ・バイオ医薬品マザーファ ンドの振り返りと今後のポイント タグ
日付
2023/12/22
タイトル バイオ|2023年のバイオ医薬品企業をターゲットとしたM&Aの総額は1,200億米ドルに迫る タグ
日付
2023/11/28
タイトル バイオ|バイオ医薬品企業の注目の治療薬候補(パイプライン)の2023年の開発と承認の動向 タグ
日付
2023/10/27
タイトル バイオ|2023年7-9月のピクテ・バイオ医薬品マザーファンドの振り返りと今後のポイント タグ
日付
2023/10/12
タイトル バイオ|AIが加速する医薬品開発と主なバイオ医薬品企業のAI活用 タグ
日付
2023/09/22
タイトル バイオ|AIの活用が加速させる新薬開発~迅速なタンパク質の構造解明がもたらす効果 タグ
日付
2023/08/23
タイトル バイオ|バイオ医薬品企業をターゲットとしたM&Aの総額は2021年、2022年を超える タグ
日付
2023/08/02
タイトル バイオ|2023年4-6月のピクテ・バイオ医薬品マザーファンドの振り返りと今後のポイント タグ
日付
2023/07/05
タイトル 最新科学がもたらすガン治療の進歩 タグ
日付
2023/05/29
タイトル バイオ|景気の先行き懸念が高まる中、バイオ医薬品株式が注目される可能性 タグ
日付
2023/05/01
タイトル バイオ|2023年1-3月のピクテ・バイオ医薬品マザーファンドの振り返りと今後のポイント タグ
日付
2023/04/19
タイトル バイオ|米バイオ医薬品企業プロメテウス・バイオサイエンシズを米医薬品大手メルクが108億米ドルで買収 タグ
日付
2023/03/16
タイトル バイオ|米バイオ医薬品企業シージェンを米医薬品大手ファイザーが430億米ドルで買収 タグ
日付
2023/03/02
タイトル バイオ|肥満の解消に取り組む医薬品企業 タグ
日付
2023/02/03
タイトル バイオ|2022年10-12月に相対的に好調なパフォーマンスとなったピクテ・バイオ医薬品マザーファンド タグ
日付
2023/01/18
タイトル バイオ|パフォーマンスの改善が続くバイオ医薬品株式の注目ポイント タグ
日付
2022/09/30
タイトル バイオ|バイオジェンがアルツハイマー病治療薬レカネマブ の良好な治験結果を発表、株価は大きく上昇 タグ
もっと見る