Article Title
2021年の展望:クリーンエネルギー・シフト
2020/12/23

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

地球温暖化の脅威に対応するためのクリーンネルギー政策の本格化や風力・太陽光による発電コスト低下がクリーンエネルギー拡大を後押ししています。クリーンエネルギーへのシフトは公益企業に収益面でメリットをもたらします。また当ファンドでは、ESG(環境、社会、ガバナンス)の観点も銘柄選別の要素に入れ、公益企業へのエンゲージメント(対話)を通じてクリーンエネルギー・シフトを働きかけています。



Article Body Text

クリーンエネルギーに注力する企業を中心に組入れ

当ファンドでは、公益企業の銘柄選別において、地球温暖化の脅威に対応するためのクリーンネルギー政策の本格化や風力・太陽光の発電コスト低下によるクリーンエネルギー拡大の恩恵を受けると考えられる企業に注目し、ESG(環境、社会、ガバナンス)の観点も銘柄選別の要素に入れています。二酸化炭素の排出量実質ゼロにむけて取り組み、風力・太陽光などのクリーンエネルギーに注力する企業を重視しています。

当ファンドではクリーンエネルギーへの注力度により組入銘柄をパリ協定での二酸化炭素排出量実質ゼロの達成目標年である2050年を基準にその目標達成度予想別に三つに分類しています。

まず、既に目標を達成済みあるいは2050年よりも早く達成する確信度の高い企業を「クリーンエネルギー企業」、2050年に達成が可能と見込まれる企業を「クリーンエネルギー・シフト企業」、目標は現在明確ではないが、クリーンエネルギーへの転換が今後進むと期待される企業を「クリーンエネルギー・シフト候補企業」としています。

それぞれ、順に43%、43%、12%の組入れとなっています。2020年11月末時点の組入銘柄による過去約19年間のシミュレーションでは、クリーンエネルギー株式及びクリーンエネルギー・シフト株式は、世界公益株式のパフォーマンスを上回りました。

何故当ファンドが「クリーンエネルギー・シフト」に注目するか?

地球温暖化の脅威を背景に、主要国・地域のクリーンエネルギー政策が本格化してます。また、技術革新や量産化などにより、風力・太陽光発電のコストが大幅に低下し、化石燃料による発電コストを下回ってきています。こうした世界的なクリーンエネルギー・シフトへの流れは、公益業界に2つの側面から大きな成長の波をもたらします。

第一の波はクリーンエネルギ-・シフトによる公益企業の利益拡大です。次に

第二の波は電気自動車(EV)をはじめとした「電化の進展よる電力需要増加」による電力収入拡大です。


二酸化炭素排出削減のために自動車などさまざまな分野で「電化」が進められています。

こうしたなか、当ファンドはクリーンエネルギー社会の実現を目指して、クリーンエネルギーに注力する企業中心とした銘柄選別を行っています。そして、持続可能な社会への貢献していくことを目指します。

「物申す株主」

当ファンドの投資対象であるピクテ・グローバル・セレクション・ファンド-グローバル・ユーティリティーズ・エクィティ ファンドの純資産総額は2020年11月末で約1.1兆円と世界の公益株式関連ファンドの純資産ランキングで2位となっています。  ※全世界の株式のうち主要クラス、アクティブ、業種重視型(公益事業)ファンド117ファンド中のランキング 出所:ブルームバーグ

ファンドの規模を反映して、当ファンドの各公益銘柄への投資額は上位10銘柄では、いずれも400億円前後となっており、各企業の上位株主となっています。

また、ピクテでは、銘柄選択にあたってESG(環境、社会、ガナバンス)への企業の取り組みを重視しています。ESGについて評価するだけにとどまらず、大株主として、実際に企業訪問を行い、経営陣に対してエンゲージメント(対話)を行い、ESGの取り組みを促す働きかけを積極的に行っています。エンゲージメントとは経営陣などとの面談などを通じて短期的な業績拡大のみを追い求めるのではなく、中長期的な視点で企業に働きかけることで、当該企業の持続的な成長と企業価値向上を促す取り組みのことです。


ピクテは環境問題の解決に資する風力や太陽光などを中心としたクリーンエネルギーへの追い風が今後も止むことはないと考えており、クリーンエネルギー・シフトを促すためのエンゲージメントに今後も注力していく方針です。

 



個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2021/01/22
タイトル グロイン・デイリー・アップデート|Gloin Daily Update タグ
日付
2020/12/23
タイトル 2021年の展望:クリーンエネルギー・シフト タグ
日付
2020/11/10
タイトル バイデン勝利は公益株に追い風か? タグ
日付
2020/10/30
タイトル グロイン15周年公益セミナー②~イタリア電力公社編  タグ
日付
2020/10/30
タイトル グロイン15周年公益セミナー~①投資環境と運用方針編  タグ
日付
2020/10/30
タイトル グロイン15周年公益セミナー③~ナショナル・グリッド編 タグ
日付
2020/10/11
タイトル 「クリーンエネルギー政策」+「ESG投資」で長期的な成長 タグ
日付
2020/09/28
タイトル 株価を下支えしてきた流動性に変化の兆し~相場に左右されにくい公益株 タグ
日付
2020/09/18
タイトル 特性を知ることで再確認~公益株式投資の魅力 タグ
日付
2020/08/07
タイトル クリーンエネルギーへのシフトは公益業界に追い風か? タグ
日付
2020/06/23
タイトル ESG投資拡大の潮流で注目の公益株式 タグ
日付
2020/05/28
タイトル コロナショックに相対的に強い公益銘柄に注目 タグ
日付
2020/05/20
タイトル 公益企業の業績見通しは底堅く推移 タグ
日付
2020/04/30
タイトル Q.需要減による収益見通しへの影響?~需要減は限定的 タグ
もっと見る