Article Title
iTrustインド株式|長期にわたる持続的な成長性に注目(3)インターネット関連サービス
2023/08/31

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

●経済発展と国民の豊かさ実現を目指した「デジタル・インディア」政策の後押しや、デジタル・ネイティブといわれる「Z世代」の人口が多いことなどから、インドにおけるインターネット利用者数の増加余地は大きく、さらに新しい技術・サービスが生み出される可能性がある
●消費者向けのインターネット関連サービス分野は、長期にわたって持続的な成長が期待できると注目している



Article Body Text

デジタル化を進めるインド

インド政府は、インドの経済発展と国民一人一人の豊かさ実現に向け、2015年より「デジタル・インディア」政策を推進しています。この政策では、①すべての国民へデジタル・インフラを提供すること、➁行政サービスのオンデマンド化、➂デジタル化による国民のエンパワーメント(能力発揮)の3つが柱となっています。


インドはインターネット利用者数が中国についで世界で2番目に多い国でもありますが、総人口が多いことから、普及率という観点では、他の主要国に比べて依然として低水準です。今後、相対的に高い経済成長に加えて、政府によるデジタル化促進の後押しを受けて、インターネット利用者数はさらに増加していくと予想されます。


さらに年齢階層別人口構成比(2021年時点)をみると、物心がついたころからインターネットを活用するのが当たり前となっている(=デジタル・ネイティブ)「Z世代」(1990年代後半から2012年ごろに生まれた世代)の総人口に占める割合が、他の主要国に比べて大きいことも特徴です。こうした若い世代が、デジタル化の恩恵を利用するだけでなく、さらに新しい技術・サービスを生み出すことで、さらに経済成長を加速させていく力になる可能性も考えられます。

銘柄例|メイクマイトリップ



メイクマイトリップ(以下、同社)は、オンライン旅行サービスを提供するインド国内最大手企業です。ウェブサイトを通じて航空券、ホテル、鉄道、バス、パッケージツアーなどの予約サービスを提供しています。オンライン旅行サービスは、消費者向けのインターネット関連サービス分野の1つであり、今後も持続的な成長が期待できると注目されます。

経済成長を背景に、インドでは消費意欲旺盛な中間所得層が拡大しつつあり、これにともなって旅行・レジャー需要も増加傾向にあります。こうした中間所得層の消費者には、インターネットを使いこなす若い世代ももちろん含まれます。

一方、特にインド国内のホテルについてはオンライン予約サービスの普及率が低いとみられています。また、バスについては数多くの運行会社が存在し、非常に細分化された市場となっています。そのため、一元的なデジタル・プラットフォーム化のニーズが高いとされています。こうしたインド市場の固有の問題解決に向けた動きも、オンライン旅行サービス分野の成長をけん引すると予想されます。


成長が期待できる市場であるだけに、今後、同分野に新規参入する企業が多く出現する可能性があります。その場合に、競争激化の懸念もありますが、同社は、この分野における最大手で、先駆者的な存在であるため知名度が高く、競争優位性があると考えられます。また、同社の創業者でグループの最高経営責任者(CEO)(金融業界出身者)は、テック関連のスタート・アップ企業ながらも長期的なビジョンを持ち、経営にあたっています。こうした経営姿勢は、多くの株主から支持されています。

コロナ禍からの回復

新型コロナウイルスの感染拡大期には、人々の移動制限が実施されたことで、世界的に旅行関連業界は大きな打撃を受けました。特に、インドは新型コロナウイルスの感染者数が爆発的な増加をたどり、2020年3月後半から5月末にかけて全土都市封鎖が実施されました。その後も感染再拡大を受けて、都市封鎖の実施が繰り返され、インドの旅行関連業界は大きな打撃を受けました。同社もこうした影響を免れることはできず、コロナ禍で業績は大きく悪化、株価も大幅下落となりました。

しかし足元では、世界的に人々の移動制限が解除され、インドの人々の旅行・レジャー意欲も回復しています。

例えば、インドの航空旅客数でみても、コロナ禍の2021年3月期(期間:2020年4月~2021年3月)は大幅な落ち込みとなりましたが、その後は徐々に回復し、2023年3月期(期間:2022年4月~2023年3月)にはコロナ前の水準にあと一歩のところまで回復しています。


同社の売上高も、コロナ禍では大幅減収となりましたが、足元では回復基調が鮮明になっています。

コロナ禍の下落局面で、投資開始

当ファンドの運用チームでは、インドにおける消費者向けのインターネット関連サービスの1つであるオンライン旅行サービスについて、長期的に成長が期待できる分野であると考えていました。当該市場において同社は、最大手企業であり、長期的な経営ビジョンをしっかりと持っている優れた経営陣により経営され、かつ、潤沢な手元現金を有し、健全な財務基盤を有する優良企業であると認識しており、投資機会を探っていました。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、株価が大きく下落した2020年3月、中長期的にみると良好な投資機会であると判断し、同社株式へ投資を開始しました。


また、同社の株式は、インド国内市場では上場しておらず、米ナスダック市場で上場されています。インドの代表的な株価指数にも含まれておらず、インド株式のインデックス・ファンドでは投資できない銘柄でもあります。

インド株式のアクティブ・ファンド

ピクテのインド株式運用チームが運用を行う当ファンドは、発展が期待できる産業において、誠実な経営陣によって経営されている優良企業の株式を厳選した上で投資を行う、アクティブ・ファンドです。

※将来の市場環境の変動等により、上記の内容が変更される場合があります。

 

 



●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

iTrustインド株式



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2024/06/27
タイトル iTrustインド株式|2024年年初来の当ファンドの基準価額の動向 タグ
日付
2024/06/06
タイトル iTrustインド株式|インド総選挙の結果を受けて~今後の見通しと運用方針~ タグ
日付
2024/04/30
タイトル iTrustインド株式|バリュエーション水準の上昇が警戒される中、大型株には相対的な投資の魅力 タグ
日付
2024/04/24
タイトル 【動画】iTrustインド株式|「成長」が魅力のインド株式<塚本 卓治> タグ
日付
2024/04/04
タイトル iTrustインド株式|2024年年初来の当ファンドのパフォーマンスは引き続き上昇基調 タグ
日付
2024/03/04
タイトル iTrustインド株式|インド株式は割高? ~相対的に高い成長期待があることの裏返し~ タグ
日付
2024/01/26
タイトル 【動画】iTrustインド株式|高まる「インド」の影響力 2024年インド株式市場の見通し<塚本 卓治> タグ
日付
2024/01/25
タイトル iTrustインド株式|2023年の当ファンドのパフォーマンス状況と今後の見通し タグ
日付
2024/01/11
タイトル インド経済、成長見通し改善と注目点 タグ
日付
2023/11/01
タイトル iTrustインド株式|インド経済・企業利益の最新動向 タグ
日付
2023/10/25
タイトル 【動画】iTrustインド|インド株式 新たなる夜明け<塚本 卓治> 2023.10 タグ
日付
2023/10/17
タイトル iTrustインド株式|当ファンドのパフォーマンス状況~2023年年初来、上昇基調が続く タグ
日付
2023/09/25
タイトル iTrustインド株式|ファンド・マネージャーの視点。インド株式、新たなる夜明け タグ
日付
2023/09/13
タイトル iTrustインド株式|問題を抱える企業の株式への投資を避け、一貫して優良企業に厳選投資を行う効果 タグ
日付
2023/08/14
タイトル iTrustインド株式|アクティブ・アプローチの効果がプラスに寄与。2023年年初来の基準価額は上昇基調 タグ
日付
2023/07/24
タイトル 【動画】iTrustインド株式|インド株式への投資ではアクティブ・アプローチが重要<塚本 卓治> タグ
日付
2023/07/10
タイトル iTrustインド株式|ピクテのインド株式運用チームが体感、インドの「今」(3) タグ
日付
2023/07/05
タイトル iTrustインド株式|ピクテのインド株式運用チームが体感、インドの「今」(2) タグ
日付
2023/06/30
タイトル iTrustインド株式|ピクテのインド株式運用チームが体感、インドの「今」(1) タグ
日付
2023/06/20
タイトル iTrustインド株式|インド準備銀行、サプライズなく据え置き タグ
日付
2023/06/08
タイトル iTrustインド株式|2023年年初来の当ファンドのパフォーマンス状況 タグ
日付
2023/06/02
タイトル iTrustインド株式|デジタル決済の世界的な潮流は、インドでも タグ
日付
2023/05/30
タイトル iTrustインド株式|インド中銀が高額紙幣の流通停止を発表。その影響は? タグ
日付
2023/05/18
タイトル iTrustインド株式|他の株式との連動性が相対的に低いインド株式 タグ
日付
2023/04/13
タイトル iTrustインド株式|インド中銀が市場予想に反して政策金利を据え置き タグ
日付
2023/04/11
タイトル iTrustインド株式|インド株式への投資では、アクティブ・アプローチが重要と考える理由 タグ
日付
2023/03/23
タイトル iTrustインド株式|ガバナンスの取り組みなども含めて真に「質の高い企業」を選別することの重要性 タグ
日付
2023/03/14
タイトル iTrustインド株式|長期に積立投資でリスクを抑えつつ、成長の恩恵を享受 タグ
日付
2023/02/13
タイトル iTrustインド株式|長期にわたる持続的な成長性に注目(2)金融関連分野 Vol.3 タグ
日付
2023/02/08
タイトル インド株式|2023年、波乱の幕開けとなったインド株式。「質の高い企業」への厳選投資のすすめ タグ
日付
2023/01/26
タイトル 【動画】長期投資の有望株 インド株式は積立投資で資産形成 <田中 純平>|iTrustインド株式 タグ
日付
2023/01/25
タイトル インド株式|長期にわたる持続的な成長性に注目(2)金融関連分野 Vol.2 タグ
日付
2023/01/17
タイトル インド株式|長期投資の有望株 ~注目すべき3つの理由~ タグ
日付
2023/01/06
タイトル インド株式|長期にわたる持続的な成長性に注目(2)金融関連分野 Vol.1 タグ
日付
2022/12/20
タイトル インド株式|長期にわたる持続的な成長性に注目(1)ヘルスケア関連分野 タグ
日付
2022/12/02
タイトル インド株式|「成長」が魅力 タグ
日付
2022/09/20
タイトル インド株式|引き続き、相対的に堅調 タグ
日付
2022/03/16
タイトル 2022年年初来のインド株式市場とファンドの状況 タグ
日付
2021/09/15
タイトル 上昇が続くインド株式、今後の展開は? タグ
日付
2020/09/25
タイトル インド株式、足元で大きく反発:その背景と今後の見通し タグ
日付
2020/06/24
タイトル 当面の懸念材料があるものの、PBR水準では魅力が高まるインド株式 タグ
日付
2020/05/28
タイトル ファンド・マネジャーからのメッセージ 2020年5月:「これもまた過ぎ去るもの タグ
もっと見る