Article Title
ポラリス|市場環境に応じた資産配分を行うポラリス~設定来は株式と金の組入れが奏功
2022/06/21

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

●設定来の株式と金を半分ずつ保有という基本資産配分がパフォーマンスに寄与
●市場環境に応じてリスクプレミアムが期待できる資産を組み合わせる/入れ替えるファンド
●試算では長期(10年および20年)の保有で騰落率が相対的に安定



Article Body Text

設定来、ポラリスの基準価額は上昇‐株式、金、為替がプラス寄与

ピクテ・ゴールデン・リスクプレミアム・ファンド(愛称 ポラリス)(以下、当ファンド)の基準価額は、設定来(2022年5月31日時点)で+29.0%(年率+14.1%)の上昇と堅調に推移しています。

当ファンドは、魅力的なリスクプレミアム注が期待できる資産クラスにアロケーションする運用を行うファンドで、設定来、株式と金を半分ずつ保有という基本資産配分を維持しています。設定来の基準価額の変動を要因別に見ると、株式と金はプラス要因となっており、資産配分が基準価額の上昇に寄与してきたことがわかります。注 リスクプレミアムとは、リスク資産の期待リターンにおいて価格変動リスクの対価とみなされる部分のことを意味し、無リスクの資産に対して期待するリスク資産のリターンの上乗せ分を指します。

 

当ファンドは低金利の時代は株式や金、高金利の時代は債券を中心に投資

先にも述べたとおり、当ファンドは市場環境に応じてリスクプレミアムが期待できる資産を組み合わせる/入れ替えるファンドです。現在は、低金利局面にあるため株式と金を半分ずつの保有が基本資産配分となっていますが、高金利局面では債券中心の運用に基本資産配分が変化します。

 

 ゴールデン・リスクプレミアム戦略(試算)は良好なパフォーマンスを示す

金利水準を参照する当ファンドの投資戦略(ゴールデン・リスクプレミアム戦略(試算))による過去のシミュレーションでは、市場環境に応じて資産配分が入れ替わりながら、良好なパフォーマンスを示していることがわかります。また足元、同程度のリターンとなっている世界株式と比較すると、価格変動は世界株式よりも小さくなっていることがわかります。

 

投資タイミングを選ばない~ゴールデン・リスクプレミアム戦略(試算)では10年、20年保有した場合の騰落率は相対的に安定して推移

ゴールデン・リスクプレミアム戦略(試算)を、10年および20年保有した場合の騰落率(ローリング・リターン)の推移を見ると、どちらの場合もゴールデン・リスクプレミアム戦略(試算)が世界株式よりも平均騰落率が高く、かつ相対的に安定した騰落率となっています。

また騰落率は10年保有の場合で概ね年率+5%~+10%の範囲で、20年保有の場合は年率+6%~+9%の範囲に収まっており、世界株式に比べ、投資タイミングによる投資収益の差が小さいことがわかります。

 



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・ゴールデン・リスクプレミアム・ファンド



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2022/06/27
タイトル ポラリス|インフレ環境下、ポラリスで株式と金に投資 タグ
日付
2022/06/15
タイトル ポラリス|2022年5月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/05/17
タイトル ポラリス|2022年4月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/04/21
タイトル ポラリス|2022年3月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/03/28
タイトル ポラリス|2022年2月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/02/25
タイトル Gリスクプレミアム|2022年1月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/02/17
タイトル ピクテの「超分散」マルチアセット運用に迫る(外部サイト:モーニングスター社) タグ
日付
2022/02/17
タイトル 特別対談|インフレリスクに備えて「超分散」、下落リスク抑えた資産運用を(外部サイト:モーニングスター社) タグ
日付
2022/01/28
タイトル バーゲンハンター|2021年12月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2021/10/13
タイトル バーゲンハンターの足元1ヵ月間の運用状況 タグ
日付
2021/02/04
タイトル 株式と金を併せ持つことでリスクを抑制 タグ
もっと見る