Article Title
インフレ懸念の高まりとプレミアム・ブランド企業の株価動向
2021/07/16

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

世界経済の回復などを背景に、インフレ懸念が高まり、米金融当局が金融緩和政策をこれまでの彼らの想定より早期に転換させる可能性があるとの見方が強まっています。こうした中でも、プレミアム・ブランド企業の株価は、①消費関連銘柄群であるため、経済活動再開の動きは追い風になること、②強力なブランド力を背景とした価格決定力が高収益性の維持を可能にすると考えられることなどから、引き続き相対的に良好なリターンが期待できると考えます。



Article Body Text

経済回復を背景に、インフレや金融政策転換懸念が台頭、株式市場は、短期間に大きく変動する局面を経験

世界経済の回復などを背景に、インフレ懸念が高まっています。これを受けて、これまで量的金融緩和などの大規模な金融緩和政策を行ってきた米連邦準備制度理事会(FRB)が、これまでの彼らの想定より早期に量的緩和の規模を縮小するといった政策転換を実施する可能性があるとの見方が強まり、足元の株式市場は、短期間に大きく変動する局面を経験しています。今回の調整局面では特に、大手ハイテク関連などの株式のバリュエーション(投資価値評価)水準に過熱感がある銘柄を中心に株価の下落率が大きくなる傾向がみられています。

今後もFRBの政策転換を巡る思惑などから、世界の株式市場は値動きが大きくなる可能性が残っています。当ファンドが投資を行う世界のプレミアム・ブランド企業の株価は、短期的には市場全体の流れの中でマイナスの影響を受けることも想定されますが、マイナスの影響を織り込んだ後は、①消費関連銘柄群であるため、コロナ禍を経て経済活動再開の動きは追い風になること、②原材料価格の上昇の中でも、強力なブランド力を背景とした価格決定力が高収益性の維持を可能にすると考えられることなどから、相対的に堅調な推移が続くとみられます。

プレミアム・ブランドは「消費関連」景気回復局面で、相対的に堅調なパフォーマンス傾向

プレミアム・ブランド企業とは、流行を創造するデザインや最高品質などに基づくブランド力により、消費者に幸福感、優越感などの感情をもたらすことができる商品・サービス(プレミアム・ブランド商品・サービス)を提供している企業を指しますが、顧客となるのは消費者です。そのため、プレミアム・ブランド企業の株式は消費関連銘柄といえます。

プレミアム・ブランド企業の業績は、景気の良し悪しにかかわらず、一定の熱烈なファン(固定客)の存在が下支えすると期待されますが、「消費関連」であるために景気サイクルとは完全に無関係ではいられません。このため、株価動向も景気悪化局面では市場平均に比べて低調となる一方、景気回復局面では市場平均を上回るパフォーマンスを示す傾向があります。

足元でみられる、インフレや金融政策の正常化の動きは、世界の経済活動が再開し、景気回復の動きあってのことであり、プレミアム・ブランド企業の業績や株価にとって本質的にマイナスの影響を及ぼすものではなく、むしろ、環境としては追い風と考えられます。

強力なブランド力を背景とした価格決定力

また、プレミアム・ブランド企業が提供する商品やサービスは、インフレに強い傾向があるとみています。

インフレ自体をコントロールすることはできませんが、プレミアム・ブランド企業には、強力なブランド力を背景に価格決定力があります。こうしたことから、原材料費などの様々なコストが上昇した場合、商品やサービス価格に転嫁することも比較的容易に行えるため、高収益性を維持できると考えます。



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2021/07/16
タイトル インフレ懸念の高まりとプレミアム・ブランド企業の株価動向 タグ
日付
2021/06/28
タイトル 高い成長期待と「質」の高さに対するプレミアム タグ
日付
2021/06/17
タイトル 相対的に高い利益成長力が、株価を下支え タグ
日付
2021/05/11
タイトル 鮮明となりつつある、プレミアム・ブランドの「リベンジ消費」拡大の動き タグ
日付
2021/03/31
タイトル 個人消費回復と消費の二極化トレンドが追い風に タグ
日付
2021/03/22
タイトル 「リベンジ消費」期待から復活の兆し、プレミアム・ブランド株式 タグ
日付
2021/03/04
タイトル 「リベンジ消費」拡大で恩恵を受けるプレミアム・ブランド タグ
日付
2021/02/18
タイトル 不透明感が残る市場環境下、「強力に利益を生み出せる力」が注目される可能性も タグ
日付
2021/02/16
タイトル 復活の兆しが見え始めた、プレミアム・ブランド株式 タグ
日付
2020/11/04
タイトル プレミアム・ブランド株式を取り巻く「今」:向かい風の中明るい兆しも タグ
日付
2020/08/19
タイトル 引き続き人々の「羨望の的」となるような強力なブランド力に注目 タグ
もっと見る