Article Title
ブランド| 経済活動の正常化の流れが、株価の下支えに
2022/05/30

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

(ポイント)
●不透明感が増す市場環境下、2022年年初来の当ファンドの基準価額は下落
●高額商品の「リベンジ消費」拡大が続くほか、今後は旅行・レジャー需要の本格回復も期待され、相対的に良好な利益成長見通しが、株価を下支えするものとみる



Article Body Text

不透明感が増す中、2022年年初来では下落

今年(2022年)に入り、世界的にインフレ懸念が高まる中、米国のより積極的な金融引き締めや、ロシアによるウクライナ侵攻の長期化、中国の新型コロナウイルスの感染拡大を受けた都市封鎖(ロックダウン)実施などを背景に、世界経済や株式市場の先行きには不透明感が増しています。こうしたことが消費者心理を冷え込ませるとの懸念が強まり、当ファンドの投資先であるプレミアム・ブランド企業の株価にマイナスの影響を与えています。また、長期金利が上昇する中、成長株が売られやすい市場展開となったことも逆風となりました。コロナ・ショック後の株価上昇率が相対的に大きく、バリュエーション(投資価値評価)水準が高まっていたプレミアム・ブランド企業も多く、売りの対象となったとみられます。

2022年年初来(5月25日まで)の当ファンドの分配金再投資後基準価額は、投資先企業の株価下落が大きく響き、下落となりました。

ラグジュアリー・ブランド商品への旺盛な需要や、旅行・レジャー需要の本格回復が追い風に

足元でプレミアム・ブランド企業の株価は下落していますが、利益成長見通しは引き続き良好です。

例えば、ラグジュアリー・ブランドの代表格、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンは、米国や中国の消費者による「リベンジ消費」拡大などが追い風となり、売上高はコロナ以前の水準を上回る水準へと力強い回復を示しています。足元では、中国の都市部のロックダウンで、中国市場が再び減速するとの懸念もありますが、主力の「ルイ・ヴィトン」などを中心に消費者に熱烈に支持されているブランドを多く所有しています。こうしたラグジュアリー・ブランド商品には根強く、そして旺盛な需要があることには変わりがないとみられ、今年度(2022年度)も引き続き相対的に高い利益成長が予想されています。

また、回復が遅れていた旅行やレジャー関連企業については、今年度は相対的に高い利益成長が見込まれています。足元で欧米を中心に行動制限措置の緩和・撤廃などが拡大していることなどが、旅行・レジャー需要の本格回復を後押しすると期待されます。

短期的には一段の下落も。しかし、投資対象としての魅力に変化なし

当面、株式市場は不安定な動きが続く可能性があり、その中で、プレミアム・ブランド企業の株価も一段と下落する懸念も残ります。

しかし、プレミアム・ブランド企業は、引き続き、旺盛なリベンジ消費や行動制限措置の緩和・撤廃などから恩恵を受けると期待されています。

また、世界的なインフレにより、コスト負担増による企業収益悪化懸念も高まっています。この点については、プレミアム・ブランド企業には優位性があると考えます。プレミアム・ブランド企業には強力な価格決定力があり、原材料価格高騰などによるコスト増も、最終価格に比較的容易に転嫁することが可能であり、高収益性を維持できるとみられるためです。

さらに、中長期的な成長性への見方には変わりがありません。プレミアム・ブランド商品やサービスに対する需要は、中国をはじめとした新興国の消費者の購買力の高まりや、女性の社会進出、富裕層の富の増大などが後押しとなり、今後も中長期的に、持続的な拡大が期待できると考えます。



●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下のファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2022/07/27
タイトル ブランド|相対的に高い利益成長力。過去の反発局面では、力強い株価上昇 タグ
日付
2022/06/17
タイトル ブランド|世界的な株安の影響を受けるも、長期的な成長見通しに変わりなし タグ
日付
2022/03/24
タイトル プレミアム・ブランド|経済正常化の一段の進展が支えに タグ
日付
2022/02/25
タイトル プレミアム・ブランド|ウクライナ情勢の影響 タグ
日付
2022/02/21
タイトル プレミアム・ブランド|引き続き、経済正常化の流れが追い風 タグ
日付
2022/01/06
タイトル プレミアム・ブランド企業の強力な「価格決定力」 タグ
日付
2021/12/17
タイトル コロナ・ショックを経ても変わらぬ、ブランドの魅力 タグ
日付
2021/11/29
タイトル 新たな変異株出現でも、プレミアム・ブランドの魅力に変化なし タグ
日付
2021/11/05
タイトル プレミアム・ブランド|力強い回復と期待が引き続き追い風 タグ
日付
2021/10/01
タイトル プレミアム・ブランド企業を取り巻く事業環境は引き続き良好 タグ
日付
2021/08/24
タイトル ここ最近の当ファンドの基準価額動向について タグ
日付
2021/07/16
タイトル インフレ懸念の高まりとプレミアム・ブランド企業の株価動向 タグ
日付
2021/06/28
タイトル 高い成長期待と「質」の高さに対するプレミアム タグ
日付
2021/06/17
タイトル 相対的に高い利益成長力が、株価を下支え タグ
日付
2021/05/11
タイトル 鮮明となりつつある、プレミアム・ブランドの「リベンジ消費」拡大の動き タグ
日付
2021/03/31
タイトル 個人消費回復と消費の二極化トレンドが追い風に タグ
日付
2021/03/22
タイトル 「リベンジ消費」期待から復活の兆し、プレミアム・ブランド株式 タグ
日付
2021/03/04
タイトル 「リベンジ消費」拡大で恩恵を受けるプレミアム・ブランド タグ
日付
2021/02/18
タイトル 不透明感が残る市場環境下、「強力に利益を生み出せる力」が注目される可能性も タグ
日付
2021/02/16
タイトル 復活の兆しが見え始めた、プレミアム・ブランド株式 タグ
日付
2020/11/04
タイトル プレミアム・ブランド株式を取り巻く「今」:向かい風の中明るい兆しも タグ
日付
2020/08/19
タイトル 引き続き人々の「羨望の的」となるような強力なブランド力に注目 タグ
もっと見る