Article Title
クアトロを通じた分散投資のススメ~これまで以上に重要性が高まる「守り」の視点
2024/05/07

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

● 長らく物価の停滞が続いた日本においても、インフレ率はプラス圏で定着しつつあり、実質ベースでの資産価値を守る視点を持つことの重要性がこれまで以上に高まっている。
● 資産価値を守るという意味では、インフレ率を上回るリターンを得ることに加え、ポートフォリオのリスク分散が重要。低リスク型のマルチ・アセット戦略であるクアトロは、徹底した分散投資および機動的な資産配分の変更により、設定来では価格変動リスクを日本国債や外国国債(ヘッジあり)と同程度に抑えつつ、これらを上回るリターンを上げてきた。
● インフレ率が高止まりし、債券市場の不安定な状況が続くなか、リスクを大きく取れない投資家層のコア資産として、債券代替ファンドであるクアトロが果たす役割は引き続き大きい。



Article Body Text

これまで以上に重要性が高まる「守り」の視点

長らく物価の停滞が続いた日本においても、足元のインフレ率はプラス圏で定着しつつあります。こうしたなか、インフレ率を考慮した実質ベースでの資産価値を守る視点を持つことの重要性がこれまで以上に高まっています(図表1)。資産価値を守るという意味では、インフレ率を上回るリターンを得ることに加え、ポートフォリオのリスク分散が重要です。以下、日本のインフレ率および金融政策の動向を振り返った後、低リスク型のマルチ・アセット戦略であるクアトロを通じた分散投資の効用について考えます。

図表1:日本の消費者物価指数(前年同月比)の推移~日本の政策金利は実質ベースでマイナス圏にある
月次、期間:1990年1月~2024年3月


出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ・ジャパン作成

 

賃金と物価の好循環の強まりを背景に、日本銀行は17年ぶりの利上げを実施

2024年3月19日、日本銀行はマイナス金利政策を解除し、17年ぶりの利上げを実施しました。その際、日本銀行は、 『最近のデータやヒアリング情報から、賃金と物価の好循環の強まりが確認されてきており、先行き、「展望レポート」の見通し期間終盤にかけて、2%の「物価安定の目標」が持続的・安定的に実現していくことが見通せる状況に至ったと判断。マイナス金利政策やイールドカーブ・コントロールなどの大規模な金融緩和は、その役割を果たしたと考えている。』と説明しています。

日本銀行による直近の「生活意識に関するアンケート調査」や「全国企業短期経済観測調査(短観)」の結果から消費者および企業のインフレ期待がしっかりしたものとなっていることが確認されたことや、2024年春闘の賃上げ*が昨年を上回るものとなっていることなどが前述の政策転換の背景にあります。

*日本労働組合総連合会(連合)が2024年4月18日に公表した2024年春闘の第4回回答集計結果によれば、平均賃上げ率は前年比5.20%となり、約30年ぶりの高い伸び率となった2023年の同3.58%(最終集計値)を上回る水準となっています。

日本銀行は2024年4月26日の金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決定、追加利上げは見送りました。植田総裁は、同会合後の記者会見で、今後の金融政策運営について、基調的な物価上昇率が上昇していくとすれば、金融緩和の度合いを調整していくことになるものの、当面、緩和的な金融環境が継続すると考えている旨をコメントしました。追加利上げを見送った理由として植田総裁は、基調的な物価の上昇率が2%を下回っていることを挙げました。なお、金融市場は年内の追加利上げを織り込んでいるとみられますが、運用チームは年内の追加利上げに対しては慎重な見方を継続しています。

日本銀行が2024年4月26日に公表した「経済・物価情勢の展望(展望レポート)」で示した政策委員による消費者物価指数(除く生鮮食品)の見通し(前年度比、中央値)は、2024年度:+2.8%→2025年度:+1.9%→2026年度:+1.9%となっています。当該見通しの成否はさておき、賃金と物価の好循環の強まりを示す材料が揃うなか、インフレ率を考慮した実質ベースでの資産価値を守るうえでは、費用・税金等控除後で少なくとも年率2%程度のリターンを確保することが一つの目線になると考えられます。

(ご参考)金融市場が織り込む日本の期待インフレ率の推移
月次、期間:2013年12月末~2024年4月末

※期待インフレ率はブレーク・イーブン・インフレ率(10年)で、名目の10年国債利回りから物価連動国債(10年)の利回りを差し引いたもの。市場が織り込む向こう10年分の期待インフレ率の平均を表す。
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ・ジャパン作成

 

債券代替ファンドとしてクアトロが果たす役割は引き続き大きい

インフレ率がプラス圏で定着しつつあるなか、インフレ率を考慮した実質ベースでの資産価値を守る視点を持つことの重要性がこれまで以上に高まっています。資産価値を守るという意味では、インフレ率を上回るリターンを得ることに加え、ポートフォリオのリスク分散が重要です。

低リスク型のマルチ・アセット戦略であるクアトロは、徹底した分散投資および機動的な資産配分の変更により、設定来(2024年4月30日まで、以下同様)では価格変動リスクを日本国債や外国国債(ヘッジあり)と同程度に抑えつつ、これらを上回るリターンを上げており、債券代替ファンドとして一定の役割を果たしてきました(図表2)。

設定来の価格変動リスク(年率)は、クアトロが3.6%となったのに対し、世界国債(ヘッジあり)が3.8%、日本国債が3.1%、米国国債(ヘッジあり)が4.9%となり、過去の実績においてクアトロの価格変動リスクはこれら国債並みの低い水準となりました。一方、設定来のリターン(年率)は、クアトロが1.8%となったのに対し、世界国債(ヘッジあり)が-0.3%、日本国債が0.1%、米国国債(ヘッジあり)が-1.3%となりました。

図表2:クアトロおよび主要な資産のリスク・リターン比較
日次、円ベース、年率、期間:2013年12月12日(設定日)~2024年4月30日、グラフ中の数字はリスク, リターン

※基準価額は信託報酬等控除後。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。 ※世界国債(ヘッジあり):FTSE世界国債指数(円ヘッジ)、世界国債:FTSE世界国債指数(円換算)、日本国債:FTSE日本国債指数、米国国債(ヘッジあり):FTSE米国国債指数(円ヘッジ)、米国国債:FTSE米国国債指数(円換算)、米国ハイイールド債券:ICE BofA米国ハイイールド債券指数(円換算)、世界株式:MSCI全世界株価指数(円換算)、日本株式:TOPIX、日本リート:東証REIT指数、金:ロンドン市場金価格 ※指数はすべてトータル・リターン・ベース(金は除く) ※投資対象ファンドによって基準価額に反映する日が1-2日異なるため、比較指数は1営業日前ベースとしています。
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ・ジャパン作成

 

図表3はクアトロと世界国債(ヘッジあり)、日本国債、米国国債(ヘッジあり)のパフォーマンス推移を示したものです。

設定来でみたクアトロのリターンがこれらの代表的な低リスク資産を上回るものとなったことは前述のとおりですが、特に、世界的にインフレ率が高止まりし、債券市場が不安定となっている直近においてクアトロのパフォーマンスが相対的にしっかりしたものとなっていることが確認できます。昨年11月以降、リスク資産の価格上昇トレンドが当面続くとの見方から、キャッシュ等の比率を極力抑え、市場の動きに対応したことが奏功しました。

ピクテでは、債券市場の不安定な状況が続くなか、リスクを大きく取れない投資家層のコア資産として、債券代替ファンドであるクアトロが果たす役割は引き続き大きいと考えます。

また、株式をポートフォリオの主軸とする投資家層にとっても、クアトロはポートフォリオのリスク調整の一つの手段になりうると考えます。長期的な資産形成において、長期投資から退出してしまうことは避けるべきでしょう。長期投資からの退出とは、具体的には、過度に慎重になってリスク資産の多くを現金化してしまうことや、定期的に訪れる金融市場の大幅下落局面で耐え切れずにリスク資産の多くを売却してしまうこと(その後の市場の回復局面を逸してしまうことがある)などです。これまで良好な投資環境が続いた内外の株式市場ですが、株式をポートフォリオの主軸としつつも先行きに警戒感を持つ投資家層にとって、長期投資からの退出を避けるための手段として、低リスク型のマルチ・アセット戦略であるクアトロに投資資金を配分することは有力な選択肢になると考えます。

以下では、クアトロを通じた分散投資の効用として、市場の値動きに対する感応度の低さを確認します。

図表3:クアトロと世界国債(ヘッジあり)、日本国債、米国国債(ヘッジあり)のパフォーマンスの推移
日次、円ベース、期間:2013年12月12日(設定日)~2024年4月30日、右端数値は2024年4月30日時点

※基準価額は信託報酬等控除後。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。 ※世界国債(ヘッジあり):FTSE世界国債指数(円ヘッジ)、日本国債:FTSE日本国債指数、米国国債(ヘッジあり):FTSE米国国債指数(円ヘッジ) ※指数はすべてトータル・リターン・ベース ※投資対象ファンドによって基準価額に反映する日が1-2日異なるため、比較指数は1営業日前ベースとしています。
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ・ジャパン作成

 

クアトロを通じた分散投資の効用~「守り」につながる市場の値動きに対する感応度の低さ

ここではβ(ベータ)値についてみていきます。β(ベータ)値とは、個別の証券ないしはポートフォリオの値動きが証券市場全体の値動きに対してどの程度連動して変動するか(感応度)を示す指標です。例えば、クアトロの設定来でみた世界株式に対するβ(ベータ)値は、先進国株式が1.03、新興国株式が0.79となっています**。これは、過去の実績において、世界株式が10%上昇(下落)する際に、先進国株式が10.3%上昇(下落)し、新興国株式が7.9%上昇(下落)する傾向があったことを示します。ポートフォリオのリスク分散を図るうえでは、組入資産間の値動きの連動性を意識することが重要で、上の例のようにβ(ベータ)値が1に近いものを組合わせても得られるリスク分散効果は限定的なものとなります。

**円ベース、日次。世界株式:MSCI全世界株価指数(円換算)、先進国株式:MSCI世界株価指数(円換算)、新興国株式:MSCI新興国株価指数(円換算)。指数はすべてトータル・リターン・ベース。指数はすべて1営業日前ベース。

図表4にあるように、クアトロの主要資産および為替に対するβ(ベータ)値は押し並べて低い水準にあります。値動きが比較的大きくなる傾向がある株式や為替に対するβ(ベータ)値についても、過去の実績においては、0.1前後という低い水準となりました。

図表4:クアトロの主要資産および為替に対するβ(ベータ)値
円ベース、日次、期間:2013年12月12日(設定日)~2024年4月30日

※基準価額は信託報酬等控除後。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。 ※世界国債(ヘッジあり):FTSE世界国債指数(円ヘッジ)、世界国債:FTSE世界国債指数(円換算)、日本国債:FTSE日本国債指数、米国国債(ヘッジあり):FTSE米国国債指数(円ヘッジ)、米国国債:FTSE米国国債指数(円換算)、米国ハイイールド債券:ICE BofA米国ハイイールド債券指数(円換算)、世界株式:MSCI全世界株価指数(円換算)、日本株式:TOPIX、日本リート:東証REIT指数、金:ロンドン市場金価格 ※指数はすべてトータル・リターン・ベース(金、米ドル・円、ユーロ・円は除く) ※投資対象ファンドによって基準価額に反映する日が1-2日異なるため、比較指数は1営業日前ベースとしています。
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ・ジャパン作成

 

これは、株式市場が大きく上昇する局面や大幅に円安が進行する局面でクアトロのパフォーマンスがこれら市場に対して相対的に出遅れた過去の実績と整合する一方で、今後、株式市場が大きく下落する局面や大幅に円高が進行する局面が到来した際に、クアトロのパフォーマンスがこれら市場に対して相対的に底堅いものになると期待されることを示唆しています。

市場動向やポートフォリオの組入状況、計測期間によっては、こうした傾向が短期的に大きく変わる可能性もありますが、クアトロのβ(ベータ)値の実績が押し並べて低いものとなったことは、これまで行ってきた徹底した分散投資が有効に機能したことの一つの証左であると考えます。

 

クアトロの運用における為替変動リスクの考え方

前段でクアトロの為替に対するβ(ベータ)値の実績が低位にとどまることを示しましたが、ここではその背景について確認します。クアトロは、円ベースでリスク管理を行っており、限られたリスクで効果的にリターンを生み出すため、為替へのリスク配分は全体のバランスをみつつ適切と考えられる水準にコントロールしています。為替は、価格変動リスクが比較的大きく(図表5)、ファンダメンタルズ(基礎的条件)から大きく乖離することもあるため、過去を振り返るとクアトロの円資産(円建て資産や円ヘッジの外貨建て資産)比率は月末ベースで70%~90%と高い水準で推移してきました(図表6)。結果として、前段でみたようなクアトロの為替に対するβ(ベータ)値の低さにつながっています。

クアトロは、為替変動リスクを低減するために為替ヘッジを積極的に活用しています。2024年3月末時点のクアトロのポートフォリオにおける為替ヘッジ比率(為替ヘッジした戦略への投資比率とクアトロで直接行う為替ヘッジ比率の合計)は約33%となっており、ファンド全体の為替ヘッジコスト(各通貨を総合したコスト)は年率で約1.6%***となっています。運用チームは、現時点では、円に対して中立的な見方をしており、当面は現状の為替ヘッジ比率を維持する方針です。

***上記のファンド全体の為替ヘッジコストは概算値。個々の為替予約取引に際して生じる為替ヘッジコストは市場実勢に即します。

図表5:クアトロと米ドル・円およびユーロ・円の価格変動リスクの比較
日次、年率、期間:2013年12月12日(設定日)~2024年4月30日

※基準価額は信託報酬等控除後。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。 ※米ドル・円、ユーロ・円は1営業日前ベースとしています。
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ・ジャパン作成

図表6:円資産比率(概算値)の推移
月次、期間:2013年12月末~2024年3月末

※円資産比率は、当ファンドで保有しているコール・ローン等と、円建て資産の比率、為替予約の比率から計算した概算値です。円建て資産の比率は、各投資先ファンドで組入れている円建て資産の比率と各投資先ファンドの実質組入比率から算出しています。為替予約の比率は、当ファンドで直接行う為替予約の比率です。

 

なお、クアトロの運用における為替ヘッジに関する考え方は以下のとおりです。

クアトロは、グローバル債券投資に際しては、現地通貨建て新興国債券などの為替に注目した戦略を除けば、基本的に為替ヘッジを前提にポートフォリオを構築します。その際の判断材料として、各国の国債利回り(ロールダウン効果なども考慮)に加え、為替ヘッジコスト控除後の利回りなどにも注目しています。

一方、グローバル株式投資に際しては、まずは為替の影響は考慮せず、純粋に魅力的と思われる戦略をポートフォリオに組入れます。そのうえで、ポートフォリオ全体の為替変動リスクを、為替ヘッジによって別途調整します。

日本銀行はマイナス金利政策を解除し、政策金利を0%~0.1%程度の水準へと引き上げたものの、依然として内外の政策金利差は大きく、主要通貨に対する円ヘッジのコストは高止まりしています(図表7)。こうしたなか、クアトロでは、為替ヘッジコストの負担と為替変動リスクとのバランスを両睨みしつつポートフォリオのリスクをコントロールしています。

図表7:米ドル・円レートおよび米ドル・円の為替ヘッジコスト(年率)の推移
日次、期間:2013年12月12日(設定日)~2024年4月30日

※為替ヘッジコストは、スポットレートおよび1ヵ月フォワードレートからピクテ・ジャパンが計算しています。
※クアトロの2024年3月末時点のファンド全体の為替ヘッジコスト(各通貨を総合したコスト、概算値)は年率で約1.6%となっています。
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ・ジャパン作成

(ご参考)日本と主な先進国の10年国債利回りの比較(2024年4月30日時点)

※為替ヘッジコストは、スポットレートおよび1ヵ月フォワードレートからピクテ・ジャパンが計算しています。
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ・ジャパン作成

 

基準価額の推移
日次、期間:2013年12月12日(設定日)~2024年4月30日

※基準価額は1万口当たりで表示しています。 ※基準価額は信託報酬等控除後。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。 ※破線はご参考で、将来の値動きを示唆するものではありません。

 

 

※将来の市場環境の変動等により、当資料に記載の内容が変更される場合があります。



●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2024/07/12
タイトル クアトロで実践する資産保全 ~これまで以上に重要性が高まる「守り」の視点 タグ
日付
2024/06/20
タイトル 【動画】クアトロ|年後半の投資環境改善を予想 積極的な投資姿勢を継続<松元 浩> タグ
日付
2024/06/17
タイトル クアトロ|2024年5月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2024/05/23
タイトル クアトロ|2024年4月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2024/05/22
タイトル クアトロ|市場見通しとポートフォリオの状況 タグ
日付
2024/05/17
タイトル 【動画】クアトロ| リスク資産の投資環境は均衡が取れた状態、株式の強気姿勢を継続<松元 浩> タグ
日付
2024/04/19
タイトル 【動画】クアトロ| 強弱両材料が混在する投資環境、今後の行方を注視<松元 浩> タグ
日付
2024/04/18
タイトル クアトロ|2024年3月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2024/03/26
タイトル 【動画】クアトロ|株式市場上昇、リスク資産への強気姿勢強化 <松元 浩> タグ
日付
2024/03/15
タイトル クアトロ|2024年2月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2024/03/15
タイトル クアトロ|市場見通しとポートフォリオの状況 タグ
日付
2024/02/22
タイトル クアトロ|2024年1月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2024/02/20
タイトル 【動画】クアトロ|リスクを注意しながら投資姿勢を積極化 <松元 弘> タグ
日付
2024/01/26
タイトル 【動画】クアトロ|上昇相場が続く中で現金比率を抑制 債券の一部に利益確定売りも<松元 浩> タグ
日付
2024/01/24
タイトル クアトロ|2023年12月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2024/01/17
タイトル 運用開始から10周年を迎えたクアトロ タグ
日付
2023/12/22
タイトル 【動画】クアトロ| FRBの大幅利下げ期待を織り込む市場 戻り局面の持続力を注視 <松元 浩> タグ
日付
2023/12/19
タイトル クアトロ|2023年11月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/11/27
タイトル クアトロ|2023年10月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/11/22
タイトル 【動画】クアトロ|短期的に割安感が強まる金融市場、銘柄選択に注力 <松元 浩> タグ
日付
2023/11/14
タイトル クアトロ|市場見通しの4つのポイントとポートフォリオの状況 タグ
日付
2023/11/01
タイトル クアトロ|2023年年初来の振り返りと今後のポイント タグ
日付
2023/10/31
タイトル 【動画】クアトロ|金利の一段の上昇リスクを警戒 慎重な投資スタンスを継続 <松元 浩> タグ
日付
2023/10/24
タイトル クアトロ|2023年9月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/09/25
タイトル クアトロ|2023年8月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/09/22
タイトル クアトロ|FOMCを受けた運用チームの見解 タグ
日付
2023/09/21
タイトル 【動画】クアトロ|インフレ鈍化と景気減速の綱引き、やや慎重な投資スタンスを継続 <松元 浩>2023.9 タグ
日付
2023/09/19
タイトル クアトロ|株式と債券の分散効果が復活しており、好ましい運用環境に戻りつつある タグ
日付
2023/08/28
タイトル 【動画】クアトロ|中国の不動産市況の悪化は経済リスクの要因に<松元 浩> タグ
日付
2023/08/25
タイトル クアトロ|2023年7月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/07/28
タイトル 【動画】クアトロ|中国経済は要警戒 日米欧の景気の行方と投資戦略 <松元 浩> タグ
日付
2023/07/28
タイトル クアトロ|FOMCを受けた運用チームの見解 タグ
日付
2023/07/24
タイトル リスク・リターン特性とともに振り返るクアトロの役割 タグ
日付
2023/07/24
タイトル クアトロ|2023年6月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/07/03
タイトル クアトロ|2023年後半は、どのようなポートフォリオで リターンの積み上げを目指すか タグ
日付
2023/06/27
タイトル クアトロ|2023年5月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/06/21
タイトル 【動画】クアトロ|来年の増益予想を先取りする展開へ<松元 浩>|2023.6 タグ
日付
2023/06/16
タイトル クアトロ|FOMCを受けた運用チームの見解 タグ
日付
2023/05/23
タイトル 【動画】クアトロ|“S&L危機”に学ぶ 米銀行危機における注目点<松元 浩> タグ
日付
2023/05/19
タイトル クアトロ|債務上限問題について考える タグ
日付
2023/05/17
タイトル クアトロ|2023年4月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/04/24
タイトル 【動画】クアトロ|悪化しつつある欧米の景気動向 日本はピークアウトか?<松元 浩> 2023.4 タグ
日付
2023/04/14
タイトル クアトロ|2023年3月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/03/30
タイトル クアトロ|銀行セクターの混乱は経済を揺るがすとしても2008年の再来にはならず タグ
日付
2023/03/24
タイトル クアトロ|FOMCを受けた運用チームの見解 タグ
日付
2023/03/20
タイトル 【動画】クアトロ|欧米は景気後退局面 深刻な落ち込みは回避か?<松元 浩>2023.3 タグ
日付
2023/03/16
タイトル クアトロ|米銀行の経営破綻の影響について考える タグ
日付
2023/03/15
タイトル クアトロ|2023年2月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/02/28
タイトル クアトロ|為替ヘッジコストについて考える タグ
日付
2023/02/28
タイトル クアトロ|為替ヘッジコストについて考える(短縮版) タグ
日付
2023/02/21
タイトル 【動画】クアトロ |2023年好調な幕開け、後半に向け明るい展望も!<松元 浩> タグ
日付
2023/02/15
タイトル クアトロ|2023年1月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/01/24
タイトル 【動画】クアトロ| ピクテが想定する2023年の4つのシナリオ <松元 浩> タグ
日付
2023/01/16
タイトル クアトロ|2022年12月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2023/01/11
タイトル クアトロ|2022年の振り返りと今後の運用方針 タグ
日付
2022/12/14
タイトル クアトロ|2022年11月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/11/24
タイトル クアトロ|これまでと、これから タグ
日付
2022/11/17
タイトル クアトロ|2022年10月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/10/26
タイトル クアトロ|債券代替としての役割は果たせたのか? タグ
日付
2022/10/17
タイトル クアトロ|2022年9月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/10/12
タイトル クアトロ|未曾有の運用環境に立ち向かう タグ
日付
2022/09/14
タイトル クアトロ|2022年8月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/08/25
タイトル クアトロ|今、確認しておきたいこと タグ
日付
2022/08/12
タイトル クアトロ|2022年7月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/07/14
タイトル クアトロ|2022年6月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/06/27
タイトル クアトロ|主要資産の年初来の騰落率とクアトロの為替リスク タグ
日付
2022/06/24
タイトル クアトロ|2022年年初来の運用状況と今後の方針 タグ
日付
2022/06/13
タイトル クアトロの2022年5月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/05/16
タイトル クアトロの2022年4月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/04/14
タイトル クアトロ|2022年1-3月の運用状況と今後の方針 タグ
日付
2022/04/14
タイトル クアトロの2022年3月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/03/16
タイトル クアトロの2022年2月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/02/17
タイトル ピクテの「超分散」マルチアセット運用に迫る タグ
日付
2022/02/17
タイトル 特別対談|インフレリスクに備えて「超分散」、下落リスク抑えた資産運用を タグ
日付
2022/02/16
タイトル クアトロの2022年1月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/01/24
タイトル クアトロの2021年12月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/01/06
タイトル クアトロの2021年の運用パフォーマンスの振り返り タグ
日付
2021/12/22
タイトル 投資戦略~景気下振れリスクに目配りしつつ、リスクを調整 タグ
日付
2021/12/22
タイトル 投資戦略(短縮版)~景気下振れリスクに目配りしつつ、リスクを調整 タグ
日付
2021/11/25
タイトル 投資戦略(短縮版)~リスク資産に対して中立的な姿勢を維持 タグ
日付
2021/11/25
タイトル 投資戦略~リスク資産に対して中立的な姿勢を維持 タグ
日付
2021/10/25
タイトル 投資戦略~投資環境の変化への備えを進める タグ
日付
2021/10/25
タイトル 投資戦略(短縮版)~投資環境の変化への備えを進める タグ
日付
2021/10/07
タイトル クアトロの直近の基準価額下落について タグ
日付
2021/09/29
タイトル 投資戦略(短縮版)~投資環境の変化を慎重に見極める方針 タグ
日付
2021/09/29
タイトル 投資戦略~投資環境の変化を慎重に見極める方針 タグ
日付
2021/08/25
タイトル 投資戦略~リスクに注意して保守的な運用を行う予定 タグ
日付
2021/08/25
タイトル 投資戦略(短縮版)~リスクに注意して保守的な運用を行う予定 タグ
日付
2021/07/30
タイトル 投資戦略(短縮版)~リスク資産の段階的な削減を検討 タグ
日付
2021/07/30
タイトル 投資戦略~リスク資産の段階的な削減を検討 タグ
日付
2021/06/30
タイトル 投資戦略~リスク資産にやや強気のスタンスを継続 タグ
日付
2021/06/30
タイトル 投資戦略(短縮版)~リスク資産にやや強気のスタンスを継続 タグ
日付
2021/05/28
タイトル 投資戦略(短縮版)~好調な世界経済に潜む株価の調整要因を警戒 タグ
日付
2021/05/28
タイトル 投資戦略~好調な世界経済に潜む株価の調整要因を警戒 タグ
日付
2021/04/22
タイトル 投資戦略~バリュー株式を選好し、債券への投資機会を検討 タグ
日付
2021/04/22
タイトル 投資戦略(短縮版)~バリュー株式を選好し、債券への投資機会を検討 タグ
日付
2021/03/31
タイトル 投資戦略~株式は現状の投資スタンスを継続 タグ
日付
2021/03/31
タイトル 投資戦略(短縮版)~株式は現状の投資スタンスを継続 タグ
日付
2021/02/19
タイトル 投資戦略 ~ 景気回復の継続を受け、やや強気スタンスを継続 タグ
日付
2021/02/19
タイトル 投資戦略(短縮版) ~ 景気回復の継続を受け、やや強気スタンスを継続 タグ
日付
2021/02/18
タイトル エリック・ロセに聞く、ピクテの「目利き力」 タグ
日付
2021/02/08
タイトル Morningstar Award "Fund of the Year 2020" 最優秀ファンド賞 選定ポイントについて タグ
日付
2021/01/26
タイトル 投資戦略 ~ 米国の「トリプルブルー」を受けたポートフォリオの修正を検討 タグ
日付
2021/01/26
タイトル 投資戦略(短縮版) ~ 米国の「トリプルブルー」を受けたポートフォリオの修正を検討 タグ
日付
2020/12/21
タイトル 投資戦略~資産配分:慎重に景気感応度の高い戦略へシフト タグ
日付
2020/12/21
タイトル 投資戦略(短縮版)~資産配分:慎重に景気感応度の高い戦略へシフト タグ
日付
2020/11/19
タイトル 投資戦略 ~ 米大統領選の結果が確定するまで展開を注視(短縮版) タグ
日付
2020/11/19
タイトル 投資戦略 ~ 米大統領選の結果が確定するまで展開を注視 タグ
日付
2020/10/26
タイトル 投資戦略 ~米大統領選挙を控えてポートフォリオを調整 タグ
日付
2020/10/26
タイトル 投資戦略 ~米大統領選挙を控えてポートフォリオを調整(短縮版) タグ
日付
2020/09/28
タイトル 投資戦略 ~長期金利上昇 ~長期金利上昇リスクへの備えを段階的に実施(短縮版) タグ
日付
2020/09/28
タイトル 投資戦略 ~長期金利上昇 ~長期金利上昇リスクへの備えを段階的に実施 タグ
日付
2020/09/16
タイトル コロナショックを乗り越えたクアトロの運用と今後の見通し タグ
日付
2020/08/28
タイトル 投資戦略 ~好悪材料が交錯する中、現行戦略を継続(短縮版) タグ
日付
2020/08/27
タイトル 投資戦略~好悪材料が交錯する中、現行戦略を継続 タグ
日付
2020/08/17
タイトル ファンドの運用状況~設定来高値を更新 タグ
日付
2020/07/13
タイトル 投資戦略~ 景気回復を見据えて景気敏感株の一角にも投資 タグ
日付
2020/07/10
タイトル 投資戦略 ~景気回復を見据えて景気敏感株の一角にも投資(短縮版) タグ
日付
2020/06/17
タイトル 投資戦略~ 慎重ながら株式の配分比率を引上げ タグ
日付
2020/06/17
タイトル 投資戦略 ~ 慎重ながら株式の配分比率を引上げ(短縮版) タグ
もっと見る