Russia-Ukraine Crisis

ロシア・ウクライナ危機



ロシアによるウクライナへの侵攻を受けて、世界のマーケットが大きく揺れ動いています。世界中が注目し、歴史に刻まれるこの出来事について、ピクテのファンドや市場動向に関する情報を発信しています。




ロシアによるウクライナへの侵攻を受けて、世界のマーケットが大きく揺れ動いています。
世界中が注目し、歴史に刻まれるこの出来事について、ピクテのファンドや市場動向に関する情報を発信しています。


Investment Idea

投資との向き合い方


200余年の歴史を持つピクテの経験は、危機の局面でこそ生かされてきました。マーケットと対峙し続けてきたプロフェッショナル Pictet Investment Office は、過去から学び、これからに生かすことの重要性を強く訴え、様々な投資のアイデアを発信しています。




スタグフレーション再来に備え
投資対象として「金」を考える

コロナ禍からの景気回復途上にあった世界経済は、この危機に直面し、スタグフレーション(景気後退とインフレの同時進行)のリスクを意識しました。こうした事態に備えるための手段の一つが、分散投資の一環で「金」に注目するというものです。




商品価格高騰で重要となる
新興国株式の選別

新興国は、その経済的規模こそ小さいものが多い一方で、原油や穀物、金属の一大供給国として世界経済に対して影響力を持っています。危機時にはコモディティの需給悪化を見越し新興国への注目が高まることがありますが、見極める力も必要となります。






インフレ、利上げで注目される
公益株式への投資

スタグフレーション(景気後退とインフレの同時進行)のリスクが意識されると、景気の浮き沈みの影響を受けづらい投資先に注目が当たると考えられます。公益株式は、その代表格ともいえますが、複雑さを増す世界経済の影響を受ける点を踏まえた投資戦略が必要です。




Related Articles

ピクテのレポート


時々刻々と変化するマーケットの動向の大局を見極めることは、投資判断を下すうえで必要です。ピクテでは、投資家の皆さまに知っていただきたい情報発信を日々行っており、今回の危機についても多くの情報を発信しています。


    マーケット ファンドインサイト お知らせ

フィンランドのNATO加盟の動きと中立化政策

フィンランドとスウェーデンはロシアの軍事戦略上、重要な地域でもあるため、両国は中立化政策によりロシアとの関係を維持してきました。しかしロシアのウクライナへの軍事侵攻を目の当たりにして、両国はNATOとの軍事同盟に方向転換することを表明しています。ロシアの軍事侵攻は歴史の歯車を動かしているようです。


1982年以来の高い上昇率となった2月の米国物価~公益株投資は?

●2022年2月の米国の物価上昇率は前年同月比で+7.9%と、1982年2月以来およそ40年ぶりの高水準 ●過去の実績では、1970年代のオイルショック時に物価が高騰しましたが、その間、公益企業の利益は底堅く推移 ●足元では、世界公益株式は世界株式のパフォーマンスを上回って推移


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら