ピクテ・アセット・アロケーション・ファンド(1年決算型)

愛称:  ノアリザーブ1年

追加型投信/内外/資産複合    日経新聞掲載名:ノア1年









【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー【2月4日】

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。







【2022年5月開始の全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・スペシャル・ツアー2022

通貨価値の下落リスクを見据えた資産保全戦略










【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー【2月4日】

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。





【2022年5月開始の全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・スペシャル・ツアー2022

通貨価値の下落リスクを見据えた資産保全戦略










【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー【2月4日】

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。





【2022年5月開始の全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・スペシャル・ツアー2022

通貨価値の下落リスクを見据えた資産保全戦略










【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、
輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。





【全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・

スペシャル・ツアー2022





基本情報

基準日: 2022年06月24日
基準価額 12,051円
前日比 18円
純資産総額 22,095百万円
設定日 2013年01月31日

ピクテの投資カテゴリー

欲張らない
投資
ちょっと
欲張った
投資
育てる
投資
スパイス
投資

インフレ率程度のリターンで十分

目標リターンは物価上昇率(現在は日銀の掲げる2%)を上回ること

2年以上5年以内で投資できる資金



分配金実績


決算日
分配金
2021/08/16
0円
2020/08/17
0円
2019/08/15
0円
2018/08/15
0円
2017/08/15
0円
2016/08/15
0円
2015/08/17
0円
2014/08/15
0円
2013/08/15
0円


分配金は1万口あたり、税引き前。
分配金はあくまでも過去の実績であり、将来の分配を示唆あるいは保証するものではありません。
投資信託説明書(交付目論見書)記載の分配方針に基いて委託会社が分配金を決定しますが、委託会社の判断により分配を行わない場合があります。

パフォーマンス


※基準価額は信託報酬等控除後です。基準価額(分配金再投資後)は、表示期間中の税引き前分配金を再投資した場合の評価額を表します。表示期間の開始日を起点に、決算日に分配金を再投資したとみなして算出しています。販売手数料等は考慮しておりません。

    ファンドの特色 パフォーマンス ファンドマネージャー リスク 販売会社一覧 お申込不可日

特色① 主に世界の株式、債券、金など様々な資産に分散投資します

特色② 市場環境に応じて資産配分を機動的に変更します

特色③ 年1回決算を行います



※R&Iファンド大賞2022は「投資信託 バランス比率変動型(標準)」が対象。
※アワードの概要等はページ下部をご参照ください。

累計リターン

2022年05月末 累計リターン
1ヵ月 -0.92%
3ヵ月 -0.50%
6ヵ月 -3.79%
1年 -3.18%
3年(年率) +4.77%
5年(年率) +2.83%
設定来(年率) +2.28%
設定来 +23.45%

設定日:  2013年01月31日

設定来の当初元本に対する基準価額(分配金再投資後)の騰落率を表示しているため、「投資期間の基準価額と分配金」の値と異なる場合があります。
 

投資期間の基準価額と分配金

 
基準価額
2005/02/28
10,000円
2020/10/21
2,645円
 
分配金
投資期間累計
12,300円
 
基準価額+分配金
2020/10/21
14,945円
(累計リターン  +49.45%)
 
基準価額(分配金再投資後)
2020/10/21
19,979円
(累計リターン  +99.79%)
購入時手数料、換金時の費用・税金等は考慮していないため、販売会社等が作成・通知する、お客さまが実際に得られる「投資信託に係る運用損益(トータルリターン)」とは異なります。指定した日付に基準価額の発表が無かった場合、直前の営業日の基準価額が表示されます。

エリック・ロセ
マルチ・アセット(スイス)運用チーム
マルチ・アセット(スイス)運用チーム・ヘッド

宗教改革で有名なジャン・カルヴァンにより創設され、現在ではスイスで2番目の規模を誇るジュネーブ大学で経済、金融を学んだ後、スイス銀行コーポレーションでプライベートバンク部門のファンド・マネージャーを6年間勤める。1995年ピクテ入社。スイスの資産を中心としたファンドをはじめとするマルチ・アセット・ファンドの運用に従事。全世界で投資信託の分析・情報提供を手がけるリッパー社より、運用するスイス・マルチ・アセット・ファンドが2014年を含め過去数回、ベスト・ファンド賞を受賞。

ジュネーブ大学卒業(商学、産業技術)

スイス投資プロフェッショナル・トレーニング・センター(CFPI/AZEK)修了

運用経験年数 32年
スティーブ・ドンゼ
マルチ・アセット(スイス)運用チーム
マルチ・アセット(スイス)運用チーム/シニア・マクロ・ストラテジスト

スイス外務省政策アナリストを経て2004年からスイス銀行協会にて経済アドバイザー・ヘッドを3年間務める。スイス紙「Le Temps」のレギュラー経済コラムニストとして執筆する。2007年5月ピクテ・アセット・マネジメント入社。スイス・マルチ・アセット・チームのシニア・マクロ・ストラテジストおよびマルチ・アセット・フレキシブル戦略運用共同責任者を務める。ピクテ・アセット・マネジメント・ストラテジー・ユニットのメンバーを務めており、ピクテ・アセット・マネジメントの運用戦略決定に携わる。

国際・開発研究大学院修士、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス博士(PhD)

運用経験年数 18年
※上記ファンド・マネージャーの運用助言を受け、ピクテ投信投資顧問株式会社が運用を行います。

ファンドは、実質的に株式、公社債および金等に投資しますので、ファンドの基準価額は、実質的に組入れている株式、公社債および金等の価格変動等(外国証券には為替変動リスクもあります。)により変動し、下落する場合があります。したがって、投資者の皆様の投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。また、投資信託は預貯金と異なります。

基準価額の変動要因

  • 株式投資リスク(価格変動リスク、信用リスク)
  • 公社債投資リスク(金利変動リスク、信用リスク)
  • 金の価格変動リスク
  • 有価証券先物取引等に伴うリスク
  • 為替に関するリスク・留意点
  • カントリーリスク

※投資リスクについて詳しくは交付目論見書をご確認ください。

    銀行等 証券会社


各国の事情等により休業日等が突然変更される場合があります。
投資対象国が非常事態などの場合には、お取引が停止される場合があります。
詳しくは販売会社にご確認くださいませ。




ピックアップ 



ファンド関連情報 

日付 タイトル タグ
日付
2022/06/15
タイトル ノアリザーブ/ノアリザーブ1年|2022年5月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/05/16
タイトル ノアリザーブ/ノアリザーブ1年|2022年4月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/04/20
タイトル ノアリザーブ/ノアリザーブ1年|2022年3月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/03/22
タイトル ノアリザーブ/ノアリザーブ1年|2022年2月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/02/25
タイトル ノアリザーブ毎月/1年|2022年1月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/02/17
タイトル ピクテの「超分散」マルチアセット運用に迫る(外部サイト:モーニングスター社) タグ
日付
2022/02/17
タイトル 特別対談|インフレリスクに備えて「超分散」、下落リスク抑えた資産運用を(外部サイト:モーニングスター社) タグ
日付
2022/01/27
タイトル ノアリザーブ毎月/1年|2021年12月の運用状況と今後の見通し タグ
日付
2022/01/17
タイトル ノアリザーブ1年の2021年の運用パフォーマンスの振り返り タグ
日付
2021/12/23
タイトル ノアリザーブ1年:2021年11月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/11/29
タイトル ノアリザーブ1年:2021年10月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/10/26
タイトル ノアリザーブ1年:2021年9月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/10/08
タイトル ノアリザーブ1年の足元1ヵ月間の基準価額の動きについて タグ
日付
2021/09/27
タイトル 2021年8月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/08/27
タイトル 2021年7月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/07/28
タイトル 2021年6月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/06/30
タイトル 2021年5月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/05/28
タイトル 2021年4月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/04/27
タイトル 2021年3月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/03/31
タイトル 2021年2月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/02/17
タイトル 2021年1月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2021/01/27
タイトル 2020年12月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2020/12/24
タイトル 2020年11月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2020/11/18
タイトル 2020年10月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2020/10/30
タイトル 年初来で上昇しているノアリザーブ タグ
日付
2020/10/26
タイトル 2020年9月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2020/09/30
タイトル 2020年8月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2020/08/25
タイトル 2020年7月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2020/07/28
タイトル 2020年6月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2020/06/25
タイトル 2020年5月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2020/05/22
タイトル 2020年4月の基準価額動向と運用方針 タグ
もっと見る

マーケット情報 

日付 タイトル タグ
日付
2022/06/21
タイトル 主要中銀が利上げを急ぐ 欧米では金融ストレス悪化の兆候も  タグ
日付
2022/06/13
タイトル 米国5月CPIはインフレ・ピークアウト説を覆す 6月FOMCは「要警戒」 タグ
日付
2022/06/06
タイトル 米国株式市場のかく乱要因 ADPと非農業部門雇用者数の不協和音 タグ
日付
2022/05/30
タイトル FRB 年後半「利上げ一時休止」説の虚実 タグ
日付
2022/05/25
タイトル ステーブルコイン(テラUSD)急落に思ったこと タグ
日付
2022/05/24
タイトル S&P500指数はベアマーケット入りか?今後の展開は? タグ
日付
2022/05/24
タイトル 中間選挙よりインフレ抑制 タグ
日付
2022/05/19
タイトル 北欧2カ国のNATO加盟と株式市場の動向 タグ
日付
2022/05/17
タイトル ウクライナ戦争長期化 タグ
日付
2022/05/13
タイトル 忍び寄るクレジット・リスクの悪化 逆行高の米国公益株 タグ
日付
2022/05/09
タイトル 「パウエル・プット」は消滅か?ナスダックを襲うPER低下の猛威 タグ
日付
2022/04/25
タイトル 米期待インフレ率が3%台へ上昇 FRBの「ビハインド・ザ・カーブ」鮮明に タグ
日付
2022/04/20
タイトル IMF世界経済見通し、今後の苦境が浮き彫りに タグ
日付
2022/04/18
タイトル ナスダック総合指数の急落 カギを握る米実質金利 タグ
日付
2022/04/14
タイトル インドに忍び寄るインフレ懸念 タグ
日付
2022/04/13
タイトル 米3月CPIのメッセージ タグ
日付
2022/04/12
タイトル 中国金融統計に見る緩和拡大と、伸び悩み タグ
日付
2022/04/12
タイトル 新型コロナ危機の不可逆性 タグ
日付
2022/04/11
タイトル 米長短金利の逆転から景気後退入りまで米国株は上昇するのか? タグ
日付
2022/04/08
タイトル こちらも注目、ECB議事要旨 タグ
日付
2022/04/07
タイトル ブレイナード発言で注目度が高まったFOMC議事要旨 タグ
日付
2022/04/05
タイトル トルコ、インフレが止まらない タグ
日付
2022/04/05
タイトル ウクライナ危機後の世界 タグ
日付
2022/04/04
タイトル 利上げを支持する堅調な米雇用統計と将来の注目点 タグ
日付
2022/04/04
タイトル 米長短金利差が逆転 70年代のスタグフレーション前夜を振り返る タグ
日付
2022/04/01
タイトル ブラジルレアル、足元は堅調 タグ
日付
2022/04/01
タイトル 雇用統計が円安を加速させる可能性 タグ
日付
2022/03/31
タイトル ロシア軍事侵攻の意外な悪影響 タグ
日付
2022/03/28
タイトル 米国は欧州向けLNGを追加供給することで合意 今後の展開は? タグ
日付
2022/03/22
タイトル 米国株はFOMC後に急反発 市場はリスクを織り込んだのか? タグ
日付
2022/03/22
タイトル 収束期を迎えた新型コロナ タグ
日付
2022/03/14
タイトル 70年代の再来か?データで読み解くスタグフレーション・リスク タグ
日付
2022/03/07
タイトル 米・欧がロシア産原油禁輸を検討 ガソリン価格高騰で米消費減退リスク  タグ
日付
2022/03/01
タイトル ロシアと中国の微妙な距離感 タグ
日付
2022/02/28
タイトル ウクライナ侵攻でロシアはSWIFT排除 中銀制裁で外貨準備も制限  タグ
日付
2022/02/25
タイトル ロシア軍事侵攻と市場の反応の何故 タグ
日付
2022/02/21
タイトル ウクライナ情勢と市場動向 タグ
日付
2022/02/21
タイトル ウクライナ情勢の緊張続く 今後のシナリオは?  タグ
日付
2022/02/15
タイトル ウクライナ問題はどうなるのか? タグ
日付
2022/02/14
タイトル 急激な米利上げ観測とウクライナ情勢緊迫化 二重リスクの憂鬱  タグ
日付
2022/02/07
タイトル FRB高官のタカ派メッセージがやや軟化 利上げ見通しに変化は? タグ
日付
2022/02/04
タイトル 円が地盤沈下するリスク タグ
日付
2022/01/31
タイトル 米国株は値固めの様相を呈するも予断を許さない状況 タグ
日付
2022/01/31
タイトル FRBようやくデジタルドル(中央銀行デジタル通貨)報告書公表 タグ
日付
2022/01/26
タイトル IMF、22年の世界の成長率見通しを下方修正 タグ
日付
2022/01/24
タイトル 年初来の株式市場動向と1月FOMCの注目点 タグ
日付
2022/01/17
タイトル FRBの利上げは世界株にとってマイナスなのか? タグ
日付
2022/01/14
タイトル 過去、米国では利上げ開始後、金価格は上昇する傾向にあった タグ
日付
2022/01/14
タイトル 試金石となるオミクロン型 タグ
日付
2022/01/12
タイトル 12月米雇用統計発表後のナスダック総合指数の値動きに注目 タグ
日付
2022/01/05
タイトル RCEP、巨大経済圏誕生とその思惑 タグ
日付
2022/01/04
タイトル 年末の主な経済指標の振り返り タグ
日付
2022/01/04
タイトル 「1月効果」に信頼性はあるのか? タグ
日付
2021/12/21
タイトル 世界における21年の選挙の傾向と、22年の動向について タグ
日付
2021/12/20
タイトル 12月FOMCが「想定内」とは言えない理由 タグ
日付
2021/12/17
タイトル 2022年 米国のイールドカーブに要注意 タグ
日付
2021/12/14
タイトル 雇用ひっ迫による米国のインフレ圧力 タグ
日付
2021/12/13
タイトル 米国消費者物価指数 今後は「家賃」がカギに タグ
日付
2021/12/10
タイトル 暗号資産からデジタル通貨へ タグ
日付
2021/12/07
タイトル 米雇用統計の上振れでテーパリング加速が視野に入る タグ
日付
2021/12/07
タイトル オミクロン型と米国経済 タグ
日付
2021/12/03
タイトル OPECプラス、異例の決定 タグ
日付
2021/12/03
タイトル オミクロン型への対処方針 タグ
日付
2021/12/02
タイトル ファミリー・ビジネス:真に長期的な資本 タグ
日付
2021/11/30
タイトル オミクロン株と当局発言、注目すべきは タグ
日付
2021/11/30
タイトル 備蓄放出で原油価格は? タグ
日付
2021/11/29
タイトル 新たな変異株オミクロンと市場の反応 タグ
日付
2021/11/29
タイトル オミクロン型変異ウイルスで世界同時株安 投資の心構えは? タグ
日付
2021/11/26
タイトル 円相場が暗示するインフレ タグ
日付
2021/11/26
タイトル ブランドとファミリー・ビジネス:勝利の組み合わせ タグ
日付
2021/11/22
タイトル 米国年末商戦の行方は?今年は異例の対応続き タグ
日付
2021/11/22
タイトル インフレ懸念は本当か? タグ
日付
2021/11/19
タイトル 温暖化への切り札となる原子力 タグ
日付
2021/11/16
タイトル “before Corona”と”after Corona” タグ
日付
2021/11/15
タイトル 不動産規制の緩和観測が高まる中国株式市場 タグ
日付
2021/11/15
タイトル COP26、批判は多いが一定の成果も タグ
日付
2021/11/11
タイトル 米消費者物価指数の発表を受けて金が上昇、株との分散効果を示す タグ
日付
2021/11/09
タイトル OPECプラスは圧力に屈せずも、原油価格は政治問題の様相 タグ
日付
2021/11/08
タイトル 騰勢を強める欧米株式市場 その原動力は何か? タグ
日付
2021/11/05
タイトル COP26 温暖化抑止への現実的課題 タグ
日付
2021/11/01
タイトル 脱炭素関連銘柄の物色動向に変化の兆しか? タグ
日付
2021/10/25
タイトル 自動車業界 「半導体ショック」への対応力で明暗 タグ
日付
2021/10/19
タイトル 化石燃料上昇の背景は脱化石燃料化 タグ
日付
2021/10/18
タイトル 世界的な「供給不足」による混乱 その背景とマーケットの反応は? タグ
日付
2021/10/13
タイトル IMF、景気回復の2極化を懸念 タグ
日付
2021/10/12
タイトル コロナ後へのイメージを膨らませる タグ
日付
2021/10/08
タイトル 地球温暖化とインフレ タグ
日付
2021/10/04
タイトル インフレ率の一過性の上昇に対する考え方 タグ
日付
2021/10/04
タイトル 世界株安を引き起こした2つの懸念材料 タグ
日付
2021/09/27
タイトル 最近の各国の金融政策の動向 タグ
日付
2021/09/21
タイトル 中国恒大問題で世界的に株式市場が急落 今後の注目点は? タグ
日付
2021/09/13
タイトル 欧州株は9月ECB理事会を無難に通過 正念場は12月に持ち越し タグ
日付
2021/09/06
タイトル ECBのテーパリング観測が高まる 欧州株の波乱はあるのか? タグ
日付
2021/08/30
タイトル ジャクソンホール会議後に欧米株が上昇した理由は? タグ
日付
2021/08/23
タイトル 7月FOMC議事要旨の解釈とジャクソンホール会議の見通し タグ
日付
2021/08/20
タイトル 「グローバリゼーション」から再び「分断」へ タグ
日付
2021/08/16
タイトル 気候変動リスクを考慮した経営は至極当然の時代に タグ
日付
2021/08/13
タイトル 原油価格と産油国の最近の格付け事情 タグ
日付
2021/08/10
タイトル 電気自動車の普及に必要不可欠なものは? タグ
日付
2021/08/04
タイトル なぜ今、金や商品への投資を検討する時期なのか タグ
日付
2021/08/02
タイトル 中国株暴落の背景と欧米株式市場への影響は? タグ
日付
2021/07/30
タイトル 具体例による一過性のインフレ率 タグ
日付
2021/07/28
タイトル IMF、ワクチン接種率の格差に懸念を表明 タグ
日付
2021/07/27
タイトル 新型コロナに収束の兆し タグ
日付
2021/07/26
タイトル 決算会見から読み解く米国企業のインフレ・リスク タグ
日付
2021/07/21
タイトル 新興国に見られる金融引締めの背景と今後 タグ
日付
2021/07/19
タイトル 株式投資家の不安心理を助長させた米国経済指標 タグ
日付
2021/07/14
タイトル 中央銀行の気候変動への対応、判断はこれから タグ
日付
2021/07/12
タイトル 金融相場から業績相場へのシフトが進む株式市場 タグ
日付
2021/07/05
タイトル 6月米雇用統計で株式市場は最高値更新 利上げ予想に変化は? タグ
日付
2021/07/02
タイトル 国際課税の強化に向けて一歩踏み出す タグ
日付
2021/06/28
タイトル ITバブル期のシグナル点灯?株式運用はどう対処すべきか?  タグ
日付
2021/06/21
タイトル FOMC後に成長株が割安株に対して優位の展開に その背景は? タグ
日付
2021/06/18
タイトル G7サミット 新たな分断がもたらすインフレ圧力 タグ
日付
2021/06/14
タイトル 加速する米国経済の再開 回復は「モノ消費」から「コト消費」へ タグ
日付
2021/06/11
タイトル G7国際法人課税合意のインパクト タグ
日付
2021/06/07
タイトル 住宅価格が世界中で高騰 金融政策への影響は? タグ
日付
2021/06/03
タイトル 海上運賃上昇のインフレ率への影響 タグ
日付
2021/05/31
タイトル 米国株式市場で話題のミーム(meme)銘柄が再び急騰 タグ
日付
2021/05/26
タイトル ニュージーランド中銀、目先慎重も将来の正常化を視野 タグ
日付
2021/05/25
タイトル インフレと金 タグ
日付
2021/05/24
タイトル COP26に向けて、日本は課題が山積みか タグ
日付
2021/05/24
タイトル 暗号資産(仮想通貨)の急落で米国小型成長株が下落した背景 タグ
日付
2021/05/17
タイトル 市場予想を大幅に超えた米国CPI 利上げ予想はどう変化したか? タグ
日付
2021/05/12
タイトル インフレ率の上昇で企業の「真価」が問われる理由 タグ
日付
2021/04/28
タイトル ゴールデンウイーク期間の主なイベント タグ
日付
2021/04/27
タイトル 米気候変動サミット 「ムーンショット」は実現なるか? タグ
日付
2021/04/26
タイトル 気候変動サミットににじみ出た期待と不安 タグ
日付
2021/04/12
タイトル コロナの今後の指針となるか、G20の共同声明 タグ
日付
2021/04/07
タイトル IMF世界経済見通し、上方修正の要因とメッセージ タグ
日付
2021/04/05
タイトル 米インフラ投資計画 注目の気候変動対策案の概要は? タグ
日付
2021/03/31
タイトル IMF春季大会のプレビュー タグ
日付
2021/03/30
タイトル 新型コロナ 第4波のリスク タグ
日付
2021/03/29
タイトル 「ポートフォリオ・リバランス」に伴う株安圧力の影響は? タグ
日付
2021/03/26
タイトル 長期的な視点による金への投資 タグ
日付
2021/03/22
タイトル グロース株とバリュー株 「スタイル・ローテーション」よりも「スタイル分散」 タグ
日付
2021/02/26
タイトル 米国の長期金利上昇の影響を見る タグ
日付
2021/02/24
タイトル 原油価格60ドルは通過点か? タグ
日付
2021/02/19
タイトル 「国境炭素税」の衝撃 タグ
日付
2021/02/16
タイトル カーボンプライシングのインパクト タグ
日付
2021/02/15
タイトル エチオピアの格付けに見る国際支援の難しさ タグ
日付
2021/01/29
タイトル IMFによる世界経済見通しからの教訓 タグ
日付
2021/01/25
タイトル アフターコロナ時代の新しい資産運用の考え方 タグ
日付
2021/01/22
タイトル ピクテが注目する10の投資テーマ タグ
日付
2021/01/13
タイトル EV普及の真の課題は何か? タグ
日付
2021/01/08
タイトル OPECプラス、結果として供給抑制 タグ
日付
2021/01/06
タイトル 世界銀行の経済見通しで示された課題 タグ
日付
2021/01/05
タイトル 2021年、注目の政治イベント タグ
日付
2021/01/05
タイトル ビットコインが示唆する金価格の上昇波動 タグ
日付
2020/12/23
タイトル 新たな動きが注目される中央銀行デジタル通貨 タグ
日付
2020/12/15
タイトル コロナの1年、年末から年明けの注目イベント タグ
日付
2020/12/09
タイトル 新興国の資金繰り改善期待とその背景 タグ
日付
2020/12/08
タイトル 成長シナリオとしての「環境関連」 タグ
日付
2020/12/04
タイトル 金価格の上昇トレンドに、変化なし タグ
日付
2020/11/17
タイトル 新型コロナ 第3波のインパクト タグ
日付
2020/11/12
タイトル ~Mega Trend 2050~ 急加速する「クリーン・エネルギー・シフト」 今、押さえるべき8つのポイント タグ
日付
2020/10/28
タイトル コロナが変えた、新興国の金融政策ツール タグ
日付
2020/10/14
タイトル IMF、今年の世界経済見通しを上方修正するも、慎重な一面 タグ
日付
2020/10/07
タイトル あのIMFが財政政策拡大に期待を示す? タグ
日付
2020/09/17
タイトル FOMC、正常化に向けた準備 タグ
日付
2020/09/15
タイトル 最近の原油価格の変動要因は? タグ
日付
2020/09/01
タイトル 再び脚光を浴びる地球温暖化問題 タグ
日付
2020/09/01
タイトル パウエルFRB議長講演と安倍首相辞任で埋もれた好材料 タグ
日付
2020/08/18
タイトル 金とドルの関係について タグ
日付
2020/08/14
タイトル 長期投資でハマりやすい投資バイアスとは? タグ
日付
2020/07/27
タイトル デジタル社会の進展 タグ
日付
2020/07/22
タイトル 米国株か?世界株か? タグ
日付
2020/07/21
タイトル ダンベル型投資 タグ
日付
2020/07/10
タイトル バリュー投資ノススメ タグ
日付
2020/06/30
タイトル 個人金融資産運用への提案 タグ
日付
2020/06/25
タイトル IMF世界経済見通し、何よりも感染を恐れる タグ
日付
2020/06/23
タイトル 新型コロナウイルスアップデート タグ
日付
2020/06/18
タイトル コロナウイルス危機とスタグフレーション タグ
日付
2020/06/15
タイトル 世界経済回復はW型? タグ
日付
2020/06/09
タイトル コロナを反映した世界銀行の経済見通し タグ
日付
2020/05/27
タイトル 経済活動の制限緩和に伴い期待指数は市場予想を上回る タグ
日付
2020/05/19
タイトル 原油価格の行方 タグ
日付
2020/05/15
タイトル 新興国支援の落とし穴 タグ
日付
2020/05/12
タイトル 株式市場の考え方 タグ
日付
2020/04/28
タイトル 金はなぜ買われているのか? タグ
日付
2020/04/27
タイトル コロナ後を見据えて、今こそ金の時間分散投資を タグ
日付
2020/04/27
タイトル 金融緩和と財政出動が金相場の追い風に タグ
日付
2020/04/24
タイトル 虚をつかれた原油ETF タグ
日付
2020/04/24
タイトル 原油価格急落 背景と影響 タグ
日付
2020/04/23
タイトル 新型コロナウイルス対策による財政の振り返り タグ
日付
2020/04/21
タイトル 景気はV字回復するのか? タグ
日付
2020/04/21
タイトル 原油先物、マイナス価格のミステリー タグ
日付
2020/04/21
タイトル 新型コロナで株価が大きく変動、過去の急落時との時系列比較 タグ
日付
2020/04/17
タイトル 原油価格暴落の衝撃 今後の注目点は? タグ
日付
2020/04/15
タイトル 深刻な景気後退を示したIMFの世界経済予想 タグ
日付
2020/04/07
タイトル 中央銀行、現金決済による感染リスクを否定 タグ
日付
2020/04/07
タイトル 新型コロナウイルスの次 タグ
日付
2020/04/03
タイトル 最近の格付け動向は格下げ一色 タグ
日付
2020/04/03
タイトル 新型コロナウイルスショックの先 通貨価値編 タグ
日付
2020/04/03
タイトル コロナショックで陥りやすい投資家の非合理的な行動 タグ
日付
2020/03/31
タイトル 株価は底を打ったのか? タグ
日付
2020/03/25
タイトル IMFの新興国への関与が想定される タグ
日付
2020/03/24
タイトル 東京オリンピックの行方 タグ
日付
2020/03/19
タイトル 恐慌への入り口~世界公益株式投資何をみるべきか タグ
日付
2020/03/18
タイトル 金はいつ反転するのか タグ
日付
2020/03/16
タイトル 新型コロナショックによる金融危機回避の鍵は何か タグ
日付
2020/03/16
タイトル 恐慌の入り口 タグ
日付
2020/03/13
タイトル 大型不況か、それともバブルか? タグ
日付
2020/03/13
タイトル コロナショックで忍び寄る「信用収縮の連鎖」 タグ
日付
2020/03/13
タイトル 新型コロナウイルスで株価下落、過去の急落時との比較 タグ
日付
2020/03/09
タイトル 原油価格急落と、懸念される影響 タグ
日付
2020/03/06
タイトル 新型コロナウイルスで警戒すべきトリプル・ショック タグ
日付
2020/03/06
タイトル 新型コロナで緊急利下げ、「有事の金」の格言は生きているか タグ
日付
2020/03/05
タイトル 新型コロナウイルス懸念、具体化する経済政策 タグ
日付
2020/03/03
タイトル COVID-19 タグ
日付
2020/03/03
タイトル 新型コロナウイルス感染拡大を受け主要中銀が協調姿勢 タグ
日付
2020/02/28
タイトル 新型コロナウイルス パンデミック化の経済的影響 タグ
日付
2020/02/20
タイトル 公益株式の利回り面での魅力と価格変動の安定性に注目 タグ
日付
2020/02/19
タイトル 低金利環境下、相対的に魅力が高まる金 タグ
日付
2020/02/14
タイトル 新型コロナウイルスの感染拡大でも米国株が最高値を更新したワケ タグ
日付
2020/02/04
タイトル 気候変動リスクを語るグリーン・スワン タグ
日付
2020/01/31
タイトル 新型コロナウイルスの経済コスト タグ
日付
2020/01/22
タイトル コロナウイルスによる新型肺炎とSARSの教訓 タグ
日付
2020/01/21
タイトル IMF世界経済見通し、数字の改善にも慎重姿勢 タグ
日付
2020/01/20
タイトル 新興国金融政策、緩和姿勢を維持しつつ、当面据え置き優勢か タグ
日付
2020/01/17
タイトル 消費者心理の改善に期待、プレミアム・ブランド需要の追い風に タグ
日付
2020/01/16
タイトル 米中貿易交渉第1段階の見方 タグ
日付
2020/01/10
タイトル 出口戦略なき中東介入によるリスク タグ
日付
2020/01/09
タイトル 世界株式投資戦略 過去700年の歴史から学ぶべきこと タグ
日付
2020/01/08
タイトル イランの報復による市場の反応と今後のポイント タグ
日付
2020/01/06
タイトル 緊張高まるイランと米国 タグ
日付
2019/12/20
タイトル 世界株式投資戦略 なぜ年金基金は水インフラに注目するのか? タグ
日付
2019/12/13
タイトル デフレ下で買われる金の不思議 タグ
日付
2019/12/10
タイトル 原油市場の最近の価格変動要因を探る タグ
日付
2019/11/26
タイトル 世界株式投資戦略 気候変動で避けるべき投資 タグ
日付
2019/11/15
タイトル 財政拡大が深刻化させるデフレ構造 タグ
日付
2019/11/15
タイトル 世界株式投資戦略 「攻めは最大の防御」ではない理由 タグ
日付
2019/11/08
タイトル 意外な合意の可能性?米中通商協議 タグ
日付
2019/11/01
タイトル リブラはなぜ脅威なのか? タグ
日付
2019/10/30
タイトル 非人道的兵器関連銘柄の除外 ~ 指数プロバイダーへの要請 タグ
日付
2019/10/28
タイトル 目白押し、今週の注目イベント タグ
日付
2019/10/18
タイトル 公益株式の利回り面での魅力が高まる タグ
日付
2019/10/17
タイトル 他の資産と違った動きをする「金」を持つ意味 タグ
日付
2019/10/16
タイトル 世界株式投資戦略 希少価値が高まる「配当金の再投資効果」 タグ
日付
2019/10/16
タイトル IMF世界経済見通し、貿易戦争が重荷 タグ
日付
2019/10/09
タイトル マイナスの利回りで債券投資はどうあるべきか タグ
日付
2019/10/02
タイトル 世界株式投資戦略 長期投資の重要性を示す論理的根拠 タグ
日付
2019/09/30
タイトル 日本でも根付くか、グリーンボンド タグ
日付
2019/09/26
タイトル スマートシティ戦略~都市の未来を創る タグ
日付
2019/09/24
タイトル 現代貨幣理論(MMT、続編) ~米国で流行中 タグ
日付
2019/09/18
タイトル デジタル通貨に、変化の兆しも タグ
日付
2019/09/17
タイトル スマートシティ戦略に対する5つの質問 タグ
日付
2019/09/13
タイトル ファクター投資の真髄とは タグ
日付
2019/09/11
タイトル 世界株式投資戦略 金なのか?金鉱山株式なのか? タグ
日付
2019/09/10
タイトル ピクテが提案する環境保護へのアプローチ タグ
日付
2019/09/02
タイトル デジタル社会への長い道のり タグ
日付
2019/08/29
タイトル 金融政策に大きな期待はできない タグ
日付
2019/08/26
タイトル 新しい金融政策の挑戦 タグ
日付
2019/08/21
タイトル ディフェンシブ株式とESG投資の関連 タグ
日付
2019/08/21
タイトル 悪い兆し~逆イールドカーブが示すこと タグ
日付
2019/08/15
タイトル にわかに高まる景気後退懸念 タグ
日付
2019/08/06
タイトル リスク回避の動きの中、円高が進む タグ
日付
2019/07/31
タイトル ロシア中銀に見る、新興国利下げ期待の理由 タグ
日付
2019/07/24
タイトル IMF世界経済見通し、依然下振れリスクを警戒 タグ
日付
2019/07/18
タイトル デジタル通貨リブラ、公表して1ヵ月、非難はやまず タグ
日付
2019/07/11
タイトル 資金動向に見る不動産投資の最新動向 タグ
日付
2019/06/14
タイトル テクノロジー・セクター:長期的な投資魅力に変化なし タグ
日付
2019/06/05
タイトル 世界銀行が経済見通しで気にしていること タグ
日付
2019/06/05
タイトル 自然エネルギー革命がもたらす公益業界の知られざる注目点 タグ
日付
2019/06/03
タイトル 森林資源への投資の魅力 タグ
日付
2019/05/27
タイトル 市場の転換点で見直したい資産株の魅力 タグ
日付
2019/05/20
タイトル 欧州不動産市場の魅力 タグ
日付
2019/04/16
タイトル 中央銀行デジタル通貨、その1 タグ
日付
2019/04/10
タイトル IMF、世界経済に懸念を示し続ける タグ
日付
2019/03/27
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:ポピュリズム(大衆迎合主義)とどう向き合うか タグ
日付
2019/03/26
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:見通しは良くない~逆イールドカーブが株式市場にもたらすもの タグ
日付
2019/03/26
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:水関連市場への高度なアプローチ タグ
日付
2019/03/25
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:ハイイールド債券とは一味違うレバレッジド・ローン タグ
日付
2019/03/22
タイトル バイオジェンがアルツハイマー病治療薬候補の治験を中止 タグ
日付
2019/03/19
タイトル 世界株式投資戦略~主要資産のボラティリティが同時低下~ タグ
日付
2019/03/14
タイトル 世界株式投資戦略 ~今こそ注目したい優良株投資~ タグ
日付
2019/03/13
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:バリュー株が常に割安とは限らない タグ
日付
2019/03/07
タイトル OECD世界経済見通し、影響は米中にとどまらず タグ
日付
2019/02/26
タイトル OECD、社債市場に警告の中身 タグ
日付
2019/02/18
タイトル 米国株式投資戦略 ~短期的な過熱感に警戒~ タグ
日付
2019/02/13
タイトル 市場の転換点で見直したい資産株の魅力 タグ
日付
2019/02/12
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:効果的な金への投資 タグ
日付
2019/01/23
タイトル ECB政策理事会を目前に控えた準備 タグ
日付
2019/01/22
タイトル IMF、世界経済見通しを数字以上に懸念する理由は? タグ
もっと見る

お知らせ


関連ファンド


「R&Iファンド大賞」は、R&Iが信頼し得ると判断した過去のデータに基づく参考情報(ただし、その正確性及び完全性につきR&Iが保証するものではありません)の提供を目的としており、特定商品の購入、売却、保有を推奨、又は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。当大賞は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定されるその他業務(信用格付業以外の業務であり、かつ、関連業務以外の業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置が法令上要請されています。当大賞に関する著作権等の知的財産権その他一切の権利はR&Iに帰属しており、無断複製・転載等を禁じます。(2022年3月末における定量評価に基づき表彰しています。)